■遠征記

■博多遠征記(三日目)

二日間のコンサートが終わり、帰るだけの三日目は大した内容もありませんが、一応書き留めておきます。
この日はまともな時間に起きました(笑)

securedownload160714v.png
DSC06980.jpg
そして外は、土砂降りの雨…
これが涙雨というやつか。陳腐過ぎて苦笑してしまいました。

DSC06983.jpg
本当に滝のような豪雨です。九州北部に大雨洪水警報まで出ました。
これまで遠征で公演を観た翌日は、わざわざ福岡まで来たのだからとっとと帰ってしまっては勿体ないと、何かしらネタを見付けてはうろつき回り、最後に小倉の居酒屋で飲んでから帰るというのが多かったです。
しかしこの雨ではどうしようもありません。新幹線が平常運転されているうちに早く帰途に就いた方が良さそうです。

傘が役に立たないくらいの豪雨なので、とにかく少しでも早く屋根の下に入りたいところです。
泊まったホテルは櫛田神社の近くだと言いましたが、となれば、先ずは大博通りに出て地下鉄祇園駅の入口に入り、博多駅まで地下道を歩くのが最良の選択です。

DSC06985.jpg
こんな事を知っているのも、そして地図をまったく見ないで動けるのももはや地元民のようです。それを思うと、改めてこれまでに重ねてきた福岡通いの日々と、それによって持った福岡の町への愛着、そしてそれがもう終わってしまうのだという実感が湧いてきて、どうしようもない寂しさに襲われます。

大雨だから早く帰るというのも、実は言い訳です。本当は、とてもそんな気になれなかったのです。
なんて馬鹿なのだろうと、自分が嫌になりました。
ちーちゃんの最後のステージを見届けられたことは紛れもなく喜ばしいことであり、感謝すべきことであり、誇らしいことでした。これは間違いがない。
しかし潔い区切り、去り際を用意しなかったがために、失意のまま福岡から逃げ去るようにして帰って来ることとなってしまったのです。

DSC06986.jpg
DSC06987.jpg
一日目も二日目も豚骨ラーメンを食べられなかったので、せめて別れの挨拶にと博多駅の中で食べていきました。そういえばこの店で食べるのも確か三回目でした。

DSC06989.jpg
そして博多駅を11時に出る新幹線で帰って来ました。
皮肉なことに、ちょうど列車が発車する頃に雨が止み、空が明るくなってきたのです。上手くいかない時ってこんなものですかね…

喜びも寂しさもあるだろうけれど、悔いを残すことだけはしたくない。
そう思って臨んだちーちゃんの卒コンでしたが、こんなことになってしまいました。ただ一人で墓穴を掘って一人で落ち込んでいるという何とも滑稽な話で、悪いのは全て自分、自分だけです。
連番でチケットを当てて下さった3104さんや、素晴らしいステージを作ってくれたメンバー達や、他メン推しながらちーちゃんを温かく見送ってくれた客席のファンには感謝してもし切れないくらいです。
今回の事を自分でどう消化すればいいのか、ヲタ活の終わり方を真剣に考えなければいけないようです。

securedownload160715a.jpg





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





■博多遠征記(二日目)

流石に起きたら10時でした。同じホテルに連泊で部屋をゆっくり使えるのはこういう時に助かります。
まだ眠かったですがとりあえず起きました。そしてホテルは朝食付きではなかったので、食べに出なければなりません。

DSC06978.jpg
やって来たのはまさかの中洲の松屋ww
でもね、これだけの回数、頻度で通うと「折角来たのだから福岡らしいものを食べたい」という気持ちはもはやなくなります。それよりも普段と同じように、安価に合理的に補給が出来ればいいという考えが支配的になるのです。

そして、酒が残っているという程ではないですが、やや飲み過ぎたのと空腹が重なった時の胃のそわそわと落ち着かない感じ、経験のある方なら分かると思います。

securedownload160714r.jpg
味噌汁に冷たい生野菜に生卵…今の俺が求めているもの全てがここにある(笑)

それはともかくとして、こんな風に思えるくらい福岡の町での時間は自分にとって日常的なものになっていたわけで、そのくらい何度も何度も通ったということになります。この松屋で食べるのも三度目くらいだし、向かいのココ壱で食べたこともあります。
それだけに、それも今回で最後かと思うとたまらなく寂しくなってきます。

再び10分程歩いてホテルに戻りますが、外は前日とは打って変わって快晴でした。午前中とは思えないくらい強く眩しい日差しも、山笠の熱気と喧騒にどこか浮かされたような町の中を突っ切って歩くのも、今の自分には辛くて、心身ともにぐったりと疲れてしまいました。
真っ直ぐホテルの部屋に戻り、カーテンを全部閉めて部屋を暗くして、冷房を強めに効かせ、そして改めて少し寝るなどして夕方まで大人しく過ごしていました。

securedownload160714s.jpg
5時半頃になってホテルを出て、一日目と同じ道を歩いてサンパレスへ向かいます。
そしてコンサート前の腹ごしらえはまさかの吉野家www
いや、ホテルからサンパレスに向かって真っ直ぐ歩きよったら道沿いにあったっちゃん(震

securedownload160714t.jpg
流石に牛丼はやめて豚丼にしました(大差なしw)
しかし昔の豚丼に比べて味気なくて不味かったな…店員の態度悪いし…





さて、ちーちゃんはもういないツアー二日目を観て、下手をすれば初日よりも色々な事を考えさせられてしまって、複雑な思いにさせられてしまいました。
これももし機会が持てるなら振り返ってみるかも知れません。しかし結論から言うと、出演したメンバー達にはたいへん申し訳ないですが、これは完全な蛇足になってしまいました。私はちーちゃんがいなくなってしまうことによって自分の胸をえぐる喪失感を軽く見ていたようです…

溜め息をつきながらとぼとぼと歩いて櫛田神社の近くのホテルに戻りました。ここは、5月31日のチームH公演に来た時に泊まったのと同じところです。その時はホテルのすぐ目の前の居酒屋に入ったのですが、なかなか良い店で、そしてご主人と意気投合して暖簾を下げてからも二人で話し込んでしまいました。
この日は一人だったので、その店を再訪しました。ご主人は私のことを覚えていてくれて、とにかく趣味が合うのでまた最後まで残って話し込んでしまいました。

そして去り際にご主人から掛けられた一言に、私は酔いが醒める程はっとしたのです。
「今度はいつ頃来れそうですか」
前回別れ際に、福岡にはちょくちょく来ているからまた来ますね、と調子の良いことを言ってしまったのです。そしてその後、ちーちゃんの卒業発表があった…
流石客商売、私の顔だけでなく、そんな些細な一言も覚えてくれていたのです。そこへひと月ちょっとで予告通りにまたやって来たのだから、そんな客に対してこう質問するのも当然のことでしょう。
「実は福岡へ来る用事がもう全部終わってしまったんです…」
私がそうありのままを告げると、ご主人はまたいつでもお待ちしていますよ、と笑顔で私を見送ってくれました。少し歩いてから、灯かりが落とされた店の看板を振り返ったら、涙がこみ上げてきました。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





■博多遠征記(一日目)

7月11日に行われたちーちゃんの卒コン、そして翌日のツアー二日目に参戦してきました…
最後の博多遠征記を書かせていただきます。

bc9a5dd2-c4da-4319-b925-0836cd9d50f9chihiro160714.jpg
2016年7月11日。とうとうこの日がやって来てしまった。
しかしそんな感慨を抱いたのは博多行の新幹線が無事に発車してからのことでした。この日も朝起きていの一番にやった事は、列車の運行状況を確認すること。
  山陽新幹線、平常運転。
  東海道新幹線、平常運転。
  首都圏各線も平常運転。
  福岡地方の天気、雨時々曇り。気象に関する注意報、警報なし。
よし。ほっと胸を撫で下ろして、いつも通りの時刻に家を出ました。
自宅の最寄り駅の周辺には色々な飲食店があります。松屋か吉野家で優雅な朝食をいただいてから東京駅へ向かおうと思っていたのですが、念のためもう一度運行状況を見てみました。
「池袋駅にて列車の窓ガラスが破損した影響で、埼京線は運転を見合わせ」
ヒィィィィィィ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルああああ

出発させてもらえないとか。
もちろん豪華朝食など食している場合ではありません。駅のホームに駆け上がると、まさに運転が再開されようとしているところでした。朝っぱらから分刻みで状況が変わっていて、心も身体もついていけません。
そしてそんな私の目の前にいたのは、乗れるか乗れないかという程のぎゅうぎゅう詰めの電車でした。
遠征のリュックを担いでサンダル履き。乗れるわけねーだろ!
これは運転再開後の一番列車だけ異様に混むやつや…一刻も早く東京駅へ向かいたいところ、ここは一本見送る勇気が必要です。てかそもそも物理的に乗れないorz

なんで最後にまたこんな目に遭うのか…(涙)
一旦ホームから下へ降りて、駅構内にある立食い蕎麦屋へ。味などまるで感じられないという焦燥の中で蕎麦とかき揚げを腹の中にぶち込んで、再びホームへ上がるとちょうど通勤快速が滑り込んできました。
そしてその車内は…いつもと比べてもガラガラに空いている!
勝った(`・ω・´)
流れを取り戻したっちゃん。ようしちーちゃん待ってろよおおおお!
その電車も所々徐行運転でしたが、ほぼいつもと変わらない時刻に東京駅に着くことが出来たので、結局はこの列車に間に合いました。

DSC06966.jpg
もはや多くを語ることはしません(笑)
ただ、こうしてヲタ活の遠征のためにこの列車に乗るのも最後かと思うと、これもまたとても寂しいことでした。

DSC06967.jpg
そして博多駅に定刻通りに着きました。いや、着いてしまったと言うべきか…
ともかくこれで一安心です。

DSC06968.jpg
博多駅の構内にはこんな物が…
これ、ちーちゃんも写っています。8月31日までらしいけれど、どうするんだろう…

DSC06969.jpg
DSC06970.jpg
博多駅の立派な飾り山です。初めてこの巨大な飾り山を見て感動したのは、奇しくも二年前の7月12日のことでした。海中コンの初日が中止にならなければその前日、まさに7月11日にここへ来ていたことになります。
これも運命の悪戯なんでしょうか。まさかちょうど二年後にこんなにも状況が、そして自身の心境も変わっているとは、想像も出来ませんでした。

あの頃はヲタ活はただ楽しいことしかなくて、HKTの未来には希望しかなかった。
そう思ったら胸が締め付けられ、涙が出そうになりました。

DSC06971.jpg
博多駅前の若ちゃんでかっ!
まあもともとでかいけど

DSC06973.jpg
DSC06974.jpg
ホテルへ向かう途中で運良く遭遇しました!

DSC06975.jpg
至る所に飾り山も出ています。
まさしく博多の町は一年で一番熱く盛り上がっている時でしょう。しかし、そうであればある程自身の浮かない心境が浮き彫りになり、余計に切なくなります。

もちろん高倍率だったこの日のコンサートに入れることは有り難いことであり、感謝しなければいけないことであり、とても喜ばしいことです。そしてそれを観るためにこうしてはるばる福岡までやって来たのです。
でも、それでも、ただ嬉しい、楽しみだとは言えない。開演時刻が少しずつ迫ってくるのが恐ろしくもあるようなそんな心境で、足取りは重かったです。

DSC06976.jpg
櫛田神社の近くのビジネスホテルに入り、荷物を置いて一息入れてから、とうとうここへやって来ました。

DSC06977.jpg
連番でチケットを当てて下さった3104さんと合流して、いよいよちーちゃんの最後のステージとなるその場へ…

全てを見届けての心境については先に少し触れましたが、卒業コンサートそのものも含めて、とても一言で語れるようなものではありません。
可能であれば改めて振り返るかも知れません。
ただ、終演後は心の平衡を保つのが精一杯でした。そして3104さんと複雑過ぎる気持ちを共有出来ていたことは本当に大きくて、救いになりました。二人で午前4時頃まで飲んでいました。一人だったらどうなっていたかと思うとちょっと怖いです。
(誤解なきように補足しておくと、気持ちの全てを共有していたわけではもちろんないです。複雑な気持ちを抱えていることを共有していたと言うべきでしょう。)

3104さん今回も色々とありがとうございました。
外が明るくなり始める頃に漸く就寝して、長い長い一日が終わりました。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





■博多遠征記(二日目)

二日目は内容が薄いのですが一応報告しておきます。

これまでは公演を観た翌日は、折角わざわざ福岡まで来たのだから公演を観ただけですぐに帰るのは勿体ない、という思いであれこれネタを見つけてはうろつき回り、小倉の居酒屋で飲むなどして遅い時間の新幹線で帰京するのが常でした。

DSC06954.jpg
しかし今回は博多駅を正午に出る新幹線で明るいうちに帰って来ました。幾つかの理由があります。

まず六日後にまたすぐ来るということ。有り難い話です。博多の町のあちこちに飾り山が出ていますが、中にはまだ準備中のものも幾つか見かけました。11日に来た時はそこに立派な飾り山が置かれているかと思うと楽しみです(´∀`)

chihiro160704a.jpg
卒業公演で受け取ったものが大き過ぎて色々な思いで頭の中が一杯になってしまい、次の日に余り何かをしようという気分になれなかったのもありましたね…
あとはここまでずっと忙しかったし、この先も七月は忙しいんです。サンパレスの卒コンに30日の最後の握手会、折角これらに参加出来る幸運を手にしたのに、体調を崩して棒に振るなんてことは絶対にあってはなりません。
この日は早めに帰って自宅でゆっくり休むことにしました。

あとはより現実的な話をさせてもらうならば、福岡が本当に暑くて暑くて。こんな日に余計に動き回るなんてもはや変態プレイと言える程の暑さでした(笑)
西日本は猛暑、東日本は涼しいなんて予報を見たら尚更でしたね。

DSC06953.jpg
ところで博多駅の新幹線改札をくぐるとこんな物が…
「九州はJR九州なのでは??」と思う方がいるかも知れません。在来線においてはその通りなのですが、実は新幹線だけは博多までがJR西日本、博多から鹿児島までがJR九州なのです。ややこしいでしょw

まあそれはともかくとして、ちーちゃんの夏旅応援団選抜としての仕事は何も無いまま終わってしまった…(´・ω・`)

DSC06956.jpg
あとはこれ。
漫画アクションを買って新幹線の中でちーたんのグラビアをでゅふふ…などと思っていたら、福岡のコンビニではまだ売られていなかったっていう( ̄▽ ̄;)
やけん帰って来て自宅の近くで買ったとw

それにしても記念すべき初めてのソロ表紙だというのに、卒業公演の翌日が発売日とはなんて皮肉な…










おまけ:
このブログでもおやすみの言葉を書きます!
などと言っておきながら二日目にいきなり乾杯の言葉に変わり、それから朝更新をしたり、昨日は豪快に忘れた。
なんだかんだで一回しか書いてないwww

続けるべきなのか?
それともおやすみの言葉ではただの真似なので乾杯の言葉にすべきか。
迷う。
というわけで結論を先延ばしにしたまま今日のおやすみの言葉は、、
おやす未開の蛮地!





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





■博多遠征記(一日目)

とうとうこの日が来てしまった…7月4日に行われたちーちゃんの卒業公演に行ってきました。

DSC06933.jpg
はい、今回も超絶TOを務める俺ののぞみ23号たんで博多へ向かいました。
またなのか!と言わないで下さい( ̄▽ ̄;)
ちゃんと理由があります。

劇場が西鉄ホールに移転してホークスタウン時代よりも博多駅からずっと近くなり、何よりチケットの番号指定買いが出来なくなりました。加えて、移転して暫くの間は16時だった会場時刻も16時半に繰り下げられました。この列車よりも一時間半くらい遅い列車で丁度良いくらいです。
しかし今回に限ってはもちろんそんな理屈は通用しません。
劇場ロビーには写真に撮りたいものも色々とあるだろうし、気持ちをゆっくりと整理して落ち着いて入場したい。そして何といっても前回の山陽新幹線1時間37分遅延事件の恐怖があります((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


securedownload160704a.png

この日も起きてまず(本当に目を覚ました次の瞬間)やった事といえばこの頁を見たことでした。
しかも東海道新幹線ではなくまず山陽新幹線を見るっていうw
完全にトラウマです(笑えない)

結果としては今回はちゃんと定刻に博多駅に到着、また列車はいつにも増して空いていて隣席に人が座ったのは名古屋~京都間だけで、快適に移動出来ました。

securedownload160704b.jpg
車内では爆予習なども。Bメロなど地味なところでちひろコールが打てる箇所を改めて完璧に把握するためです。

この日泊まったホテルは中洲川端駅のすぐ近くだったので、まずチェックインして必要な荷物だけ持って劇場へ行くことにしました。
寂しい気持ち、悲しい気持ち、卒業公演に入れる喜びと感謝、絶対に良い公演にしたいという決意と責任感、特別演出が楽しみな気持ち…様々な感情が複雑に入り乱れてただでさえ心が穏やかでないのに、それを助長する出来事が待っていました。

DSC06951.jpg
中州川端駅の出口の階段を上って地上に出ようとした時、まず飾り山が目に飛び込んできたのです。

DSC06934.jpg
劇場公演に海中…ああ、そういえば去年も一昨年も山笠の季節にこうやってHKTのために博多へ来たなあ。あれからもう二年。なんて時の経つのは早いのだろう。そして博多の町が一年で一番熱くなるこの季節にちーちゃんは去って行くのか…

そんな思いが頭の中をぐるぐると回ります。こういう入り乱れた気持ちを一旦落ち着かせて公演に参加するためにも、十分に時間に余裕を持つことが必要だったのです。

DSC06942.jpg
16時過ぎにはもう西鉄ホールに着きましたが、既にロビーは多くの人でごった返していました。流石に普段の公演とは違います。
そしてここで3104さんと落ち合いました。改めまして今回はありがとうございました^^

DSC06939.jpg
DSC06936.jpg
ロビーに置かれた花。

DSC06935.jpg
DSC06940.jpg
劇場公演で企業からも花が届くのはよく考えると凄いですね。

DSC06938.jpg
DSC06937.jpg
DSC06941.jpg
卒業公演はメンバーとファンの真心と愛情で満たされた本当に素晴らしい公演でした。終生忘れられない思い出となるでしょう。
単に抽選に当たった、公演に入れたということだけでなく、今はあらゆることに対して感謝の気持ちしかありません。詳しい事はまた公演レポにて。

終演後は3104さんと天神の居酒屋で飲んでから解散しました。
最後に蛇足ですが、中州川端駅の近くのホテルに荷物を置いて劇場まで15分くらい歩いて行ったのですが、余りの暑さに死にそうになりました。
ここ数日で暑くなってきたし関東も暑かったのですが、根本的に日差しの強さが違う。福岡へ行くというと「西へ向かう」という印象ばかりが強いですが、実は緯度もかなり下がっているんですよね。福岡市だって東京で言ったら三宅島と八丈島の中間くらいの緯度だからね…





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR