■2015年06月

■2015年5月11日、チームH「最終ベルが鳴る」公演

(※長文注意)
参考記事: 5月11日の出来事
        博多遠征記(のようなもの)



DSC05285.jpg
DSC05295.jpg
既報の通り、入場抽選で二度目の優勝をして立ち見最後列で観る羽目になった上、迷惑厄介の被害まで被り、過去最悪の遠征となってしまった。公演レポなどとても書く気になれなかったし、何より三回目となる最ベル公演を最後列で見たんじゃ発見らしい発見も無くて、大して書く事などないので放棄していた。

しかし、ヲタ活の全ての記録をこのブログで残すと決めたのがこんな事くらいで途切れてしまうのは悔しいので、この日特に印象に残った幾つかの事だけになるけれど書き留めておくことにした。



≪2015年5月11日、チームH「最終ベルが鳴る」公演 出演メンバー≫
秋吉優花、穴井千尋、井上由莉耶、宇井真白、上野遥、梅本泉、岡本尚子、神志那結衣、兒玉遥、駒田京伽、坂口理子、田島芽瑠、田中美久、松岡菜摘、矢吹奈子、山田麻莉奈

研究生もいなかったしセットリストは省略。
あ、影アナははるっぴでしたよ。どうだったかって?もちろん普通にかわいく噛んだ(笑)





●はるっぴが良かった
まず、はるっぴの劇場公演のステージパフォーマンスを見るのは昨秋の青ガ以来半年ぶりだったのだが、これが素晴らしかった。
他の誰よりも公演への出演頻度が低い筈なのに、それでもステージ上での存在感が違った。ダンスも良いし表情も良いし、その他細かいパフォーマンスも…とにかく全てが良かった。全てを振り付け通りに踊るのではなく時に嬉しそうにハジけていて、それも絶妙な線を弁えているから全然嫌味な感じがない。
意識も高いし技術も高いし一生懸命全力だし、まさに非の打ち所がなかった。





●ちーはるの絡み
私にとっては待望のちーはるベル公演だったわけだから、一番の見所はもちろんそんなはるっぴとちーちゃんの絡みである。
「ボーイフレンドの作り方」で見事にやってくれた。

783.png
784.png
785.png
786.png
ガッチリ抱き合ったかと思ったら、ちーちゃんがはるっぴを押し倒した!www

これが下手の端で、私のいた上手と逆側だったのが惜しまれるが、この場面をしっかり使ったDMMはGJ(笑)
ずっと目で追っていたからこの一部始終を見ていたわけだが、最後列で腐りかけてた気持ちがこれで少し救われた。やっぱりHKTはちーはるだあああ!

ところでこの場面をキャプるために何度か繰り返し見ていて気付いたのだが、この二人の背後で衝撃の出来事が…





●届かないちひろコール
ちーはるで言えば一つ前の曲に戻るのだが、ちーふぁむ的にこの最ベル公演で一番の沸きどころ、「最終ベルが鳴る」の1番Bメロね。

789.png
これがチームHとしての初日スタメンポジションなんですよ。はるっぴが大好きな2推しだからこそ、だからこそここははるかコールを蹴散らすくらいの勢いで死ぬ気のちひろコールなんですね。
アフォみたいな基地外声量で4連打ったから、同じ上手立ち見にいた人や後方の席にいた人は「うわ、なんかすげー穴井推しがいるw」と思ったかも知れないが、DMMアーカイブでは悲しいくらいにはるかコールしか聞こえないっていう…

立ち見最後列からのコールはちーちゃんの耳にも聞こえないのかな…(´;ω;`)





●衝撃のポンコツ新ネタ
長くちーふぁむやってるとポンコツ耐性というものが出来る。ちょっとやそっとのポンコツでは驚かなくなり「怪我してないから無問題」などと軽く流してしまうw
ところが久々に吹くくらいの新ネタが降臨したね。自己紹介MCでちーちゃんが話し始めようとしたらいきなりなつが遮ってちーちゃんを指差し…

788.png
な「今日東京にキャリーケース忘れてきたんですよ」
ち「ギャハハ」

wwwww

ち「路上に放置していたみたいで…」

wwwwwwwww

すごすぎる。





●奈子が、奈子がああぁぁぁ
801.png
この日気付いたのだが、なこの身長がいつの間にか急成長していてワロタww
まりりあたりと比べるともう余り変わらないまでに…ワロタというよりもびびった∑(゚Д゚)





●二度ある事は…
公演やコンサートで自分の隣りや近くにどういう人が座るか。これこそは人知をもってして予測不可能な事であり、偶然に支配されている出来事である。
12月の最ベル公演、1月の生誕祭の最ベル公演に続いて、三度続けて隣りに座った人が全く同じ行動をとるとは漫画並みの展開で笑っちまう。

メロスで例によって全力でキチ沸き1連MIXかましたら、また隣りの2.5連厨が黙ったwww
動画を再生してんじゃないかっていうくらい寸分違わぬ同じ現象で大草原wwwww





●お見送り
立ち見最後列に追いやられたせめてもの抵抗。お見送りの鍵閉め狙ってやろうかとも思ったが、下手の立ち見にいる中にも狙っている奴がいるだろうし、何より常連の痛い厄介と痛いバトルになりそうなのが目に見えていたのでそんな考えは一瞬で消えた。
で、特に急ぐでもなくわざとゆっくりにするでもなく、何のやる気も無く人の流れのままにだらだらと退場。そしてちーちゃんの前へ。

とけ「ちーちゃ~ん!」(小さく手を振りながら)
ち「あ~(^^)」(同じような感じで手を振ってくれた)
ここで手を振る勢いを倍くらいにしてぶんぶんぶん!という風に振ったら、ちーちゃんもニッコニコしながら同じようにぶんぶんぶん!と振ってくれた。
(*´д`*)(*´д`*)

ああ…腐りかけていた心がちーちゃんの笑顔で最後の最後に浄化された。ちーちゃんありがとう…
例によって他の15人については何も記憶が残っていませんw







こんなところですかね。
こんな風に書いていくと、なんだ充分公演を楽しんできたんじゃないかと思われそうだが、特に楽しかった部分だけを抽出して列挙しているのでそういう印象を与えるだけの話である。優勝で折れた心はそう簡単に復活するわけもなく、アンコールの時なんて床に座り込んで溜め息ついていたからね…

そして、実は今回の優勝の原因を作ったのではないかと疑われる迷惑厄介の事についてもやはり書かないわけにはいくまいと思ったのだが(こいつが同じ列にいた)、余りに殺伐としてきたのでその部分はお蔵入りになりました。







おまけ:
観覧後は川端の行きつけの居酒屋へ行って静かにぼっち打ち上げをし(といっても店の人とすでに顔馴染みになってるw)、それから二軒目におでかけロケでメンバーも訪れた中州のこの店へ。

DSC05286.jpg
色々な意味で「こんな所でメンバーにロケさせるな(怒)」というような店だったね。しかし入るとすぐにちーちゃんはじめ何人かのサインを発見!

でも、一人で飲んでて他のワイワイやってる人達に断りを入れてその奥にあるサインにカメラを向けるのは骨が折れるし、何より優勝の後でとてもじゃないけれどそんなテンションになれなかったので、今回は眺めるだけでスルーしました。
まあそのうちまた行く機会があるだろ(?)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■北海道遠征記(その二)

(※長文、写真大量注意)

こんばんは、昨晩北海道遠征を含む旅行から帰って来ました、管理人のとけすんです。
ちーちゃん本人から絶対に行けない時間帯の来場を予告されるもどかしさ(^_^;
とりあえず選挙当日のPV申し込んだので、それに当たれば当然ミュージアムも見学する流れだけれど、落ちたら今年は総選挙ミュージアムはもういいかな…





DSC05347.jpg
さて本題へいきましょう。前代未聞の(?)船での遠征記の続きです。
5月31日の全ツ北海道公演に参戦してきたのですが、会場が何故だか苫小牧だったので「これはおいしいネタだ」とばかりに大洗からフェリーで現地へ向かいましたw

船内の様子を紹介します。

DSC05343.jpg
船といっても全長200m、1万3千トンの大型カーフェリーですから部屋だけでもこれだけの種類があります。私は一番安い「エコノミー」の一つ上の「カジュアル」を利用しました。まあ分かりやすく言えばエコノミーが雑魚寝の二等室、カジュアルは二段ベッドの二等寝台室ですね。

DSC05348.jpg
利用状況によって二段ベッドでなくトラック運転手用の一段ベッド室が解放される時もあるんですが、今回はまさにそれでした。二段ベッドの部屋とは快適さもプライバシーが保たれる感じも段違いです。

これだけの大きな船なので船内は寝室以外の箇所もすこぶる快適です。

DSC05351.jpg
入口がこんな感じで…客席だけでも三階構造になっています。

DSC05353.jpg
大きなレストランもありますが、無駄に高いので食べる物はすべて持ち込みました(笑)
とはいってもこんな感じの場所が何ヶ所かあるので持ち込んで食べるにも何も不自由しません。

DSC05352.jpg
アイドルの劇場ミニ映画館までありますw
「海で会えるアイドル・マリンガールズ」とかあったらやだなww
毎日航海中に二回公演とかやってて神メンバー揃いだったらどうする?遠征でなくて公演観るためにフェリーに乗って、そのまま引き返してくるかwww
そんなアフォな妄想をしながら甲板で出航を見送り、それからひとっ風呂浴びます。浴室も下手な銭湯顔負けの広さです。

DSC05359.jpg
そんなわけで移動は快適過ぎるくらいでした。

DSC05357.jpg
ちなみに私の他に今回フェリー遠征で参戦したバカ賢い人が他にいないか観察していましたが、パッと見それと分かる人はいませんでしたよw





翌日(コンサート当日)は快晴の空の下定刻通りに苫小牧港に到着(´∀`)

DSC05361.jpg
DSC05364.jpg
埠頭の直前で180度回頭して、先に停泊している別の大型フェリーの隣りにまるで縦列駐車するみたいに接岸するのは迫力満点でした。

DSC05368.jpg
DSC05366.jpg
DSC05370.jpg
会場の苫小牧市民会館へ直接行こうとするとタクシーしか手段がないし、大荷物を苫小牧駅のコインロッカーに預けたかったので、港からはバスに乗ってまず駅まで行きました。

DSC05372.jpg
DSC05371.jpg
苫小牧駅のコインロッカーにリュックを預け、ヲタグッズだけ持って行きます。駅から会場までは歩いて15分くらいで行けました。と、その前に昼食を食べていきたかったのですが、悲しいくらいに飲食店が全然ない苫小牧駅周辺…
となれば、選択肢はこれしかありません。

DSC05374.jpg
DSC05373.jpg
セイコーマートの弁当しかああああああああああああwww
ここは店内にテーブルと椅子がありました。渡りに船とはこういう時のためにある言葉だと思いましたね(笑)



DSC05376.jpg
そんなこんなで苫小牧市民会館に到着。実はここまで来る直前に一つ事件があったんですよ。
駅からの経路上、まずこの建物の裏口の前を通って来たんですよ。ハイルーフで窓がフルスモークになったハイエースが停まっていたりして、いかにもそれらしいな~などと思っていたら…

裏口から一人の女の子がいかにも急いでいる気配で飛び出してきて、慌しくそのハイエースに飛び乗ったんですね。ショートカットで痩せていて、かわいい子だなーと思ってよく見たら、はるっぴじゃねえかwwwww
はるっぴを乗せるや否やこれまたいかにも急いでいる感じで車は市街の中心方面へ走り去って行った…

この時開演の二時間前で、こんなタイミングで一体何処へ行くのだろうと不思議でしたが、それはともかくとしてジャージにTシャツという姿のメンバーを間近で見られるという激レア体験ができました。
そして後からMCで、この時メンバー三人でラーメンを食べに行っていたことが判明www
リハ終わりの直後、開演二時間前に行くのかwww





さてさて、こちらは開場までまだ一時間もあるという状況。単番だったし、どうやって時間をつぶしたものか、と思っていたら…

DSC05377.jpg
隣りに苫小牧市科学センターなる施設が。ナイス入館無料!(笑)
中には小型の航空機や自動車など色々展示されていたのですが、目玉は何といってもこれ。

DSC05379.jpg
旧ソ連が開発した世界初の宇宙ステーションが展示されているではありませんか!
すげええええええええええええええ

しかも模型かと思っていたら使用されなかった予備機だそうで。つまり本物です。
すげええええええええええええええ(二回目)
これは沸いた!館内にはヲタは何人かしかいませんでしたが、これを見なかった人は確実に損したと思いますね。これは入館料払ってでも見たいレベル。

まあそんな感じで、時間を潰すどころか気付けば「そろそろ並ばないとまずい」という時刻になっていましたw
そういえば…

securedownload150531a.jpg
securedownload150531b.png

今回はモバメ無料権利が二枚も当たりました(^^)
時期が時期だけにどの子も重いメールが来そうだな…
折角だからお試し三日間とあわせて総選挙を挟んだ日程でとるつもりですが、今回は特に慎重にメンバーを選んだ方が良さそうだ(^_^;





さあ例によって公演レポはまた後日に書きますね。

DSC05382.jpg
終演後は札幌行きの特急がたいへんな事に((((;゚Д゚))))
デッキで立つ場所を確保するのがやっとで、これはキツかった(つД`)

ちょっと迷ったのですが、苫小牧に宿泊した方が正解だったかも。でも(こう言っては悪いですけど)苫小牧って道内でも一番ってくらいに何も無いし北海道らしさも全然味わえないところなんですよね。そもそもなんで今回会場を苫小牧にしたんだろう…
メンバー達にとっても、もう少し「北海道来てあああ!」と実感できる場所にしてあげればよかったのに「千歳から近くて札幌以外」という理由でしか選んでないじゃねえか。





DSC05384.jpg
DSC05419.jpg
全ツ参戦の後は、こんな感じで北海道と東北の旅行を楽しんで昨日の夜に帰宅しました。
公演レポは出来れば総選挙開票の前に書いてしまいたい気分ですが、たぶん無理だなw





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■総選挙前夜、今思うこと

805150605.png
今年もいよいよ明日、ですね。
投票は既に締め切られ、開票を待つのみ。もう何も出来ない。ただその時を待つのみで一晩、明日の朝が来るのを待たなければならない。一年で一日だけの、緊張の夜。

私は今回去年とはまるで違って、限りなく傍観者に近い立場だ。ちーちゃんに投票したのは去年から119票減の4票のみ。もちろん票数が多いから偉いとか票数が少ない奴は偉そうに言うなとか、そんな馬鹿な考えを持っているわけではない。
数の話ではなく一年前からの決心を翻して投票をしたという行為そのものを今でも自問していて、自己嫌悪も感じている。だから去年までとは根本的に心の持ちようが違う。総選挙との関わり方が違う。だから「限りなく傍観者に近い立場」なのだ。

それなのに、明日の開票を控えた緊張感はむしろ去年よりも大きい。理由はもちろんちーちゃんが速報でまさかの圏外だったからだ。速報圏外というのがこんなにも不安な気持ちにさせるのかと思うと、こんな一ライトヲタの人間がこれだけソワソワするのだから当のメンバー本人の心中を察すると本当に吐きそうになる。





さて明日の総選挙ミュージアムでのPVに申し込んだのだが、華麗に落選(^_^;
まあ300人だものなあ…どう見てもHKTの劇場公演より倍率高かっただろw
しかしこれは結構残念だった。個人的には80位からはるっぴの順位までしか興味がないからだ。

スカパーが見られる環境など無いし、地上波の中継はよりによってまたフジテレビだ。フジテレビの総選挙中継の番組の作り、構成の酷さは周知の事実だろう。
とは言っても番組側もヲタのために作っているわけじゃないからそうなるんだろうけどね。「推しが80位に入れるか、今年も圏外なのか」とか「○○ちゃんが名前を呼ばれた瞬間の表情がああああ」などと騒ぐのはヲタだけであって、一般ライト層が興味があるのは「誰が何位か」という断片的で記号化された情報だけだ。
この総選挙の中継に限らず、テレビ番組なんて数字にしか興味がないテレビ局がそんな一般視聴者に迎合して作る物なんだからヲタが満足できないのはむしろ当たり前の事である。
そして一般ライト層の興味は最上位の有名人気メンにしか向かないからますます番組作りの傾向は偏って薄いものになってしまう。
まったく映画館中継をやればそれこそリクアワなんかよりも遥かに集客出来て、需給が一致しておいしい話になる筈なのにそれが出来ないのだから馬鹿な話だ…

まあ愚痴を言っても仕方がない。
そんなテレビ番組の在り方に対して、自分が求めているものはまさに正反対なのだからつくづくヲタだなと思う(笑)
80位からはるっぴの順位までしか興味が無いと言ったが、そこから上はまことにどうでもいい。
(これはあくまでHKT内での順位が指原さくら→はるっぴで、且つ指原さくらは選抜確実、はるっぴは微妙というのを前提にした話なのだが)
選抜に入ってこその総選挙なので、はるっぴには是非そこを超えて欲しいと思っている。

その一方でさくらは「神7」「神崩し」などと言い出して、私はそれを少し冷ややかに見ていた。今時まだそんな事を言っている人がいるのか。
そもそも神7というのは一回目と二回目の総選挙で7位までの顔ぶれが変わらなかったことから生まれた呼称であり、まだ規模が小さく純粋なアイドルファンのためのイベントで、ちょっとした力が生まれ、動きが巻き起これば順位を覆すことも容易だった当時に二年続けてそこを守ったメンバー達は確かに凄かったと思う。
ところがこれだけ一般化、大衆化して絶対票数が膨れ上がった現在において神7なんて完全に死語だし、概念も形骸化している。
そして、7位だろうが16位だろうが反映されるのは立ち位置だけで、どういう風に扱われるかは所詮豚と運営が決めること。それはもう六年も前に証明されているではないか。
だから私は7位だろうが8位だろうが価値の違いなど全く感じないし、はるっぴはとにかく選抜に滑り込むことが重要で、これがはるっぴの順位までしか興味が湧かない理由である。

そして上位へいけばいく程心から順位に興味がないことに自分で改めて気付き、つくづくヲタとしては枯れてきたなと痛感した。
もし今年も関東開催だったら間違いなく現場へ行っていたと思うが、さくらのスピーチが終わったところで会場を出たと思う。誰が一位なのかとか、今や本当にどうでもいいのだ。年齢的にもキャリア的にもアイドルとしての旬をとうに過ぎたお姉さん達がぴたりとも動かず閉塞感の塊のようになってしまったイベントを最後まで見て、何十分もかけて規制退場するなんていう変態的な趣味は私には無い。



chihiro150604.jpg
さてくだらない話はこのくらいにしてちーちゃんの事も書いておかねばならない。
ちーちゃんの速報圏外は確かに意外だった。けれど、これを努めて思い切り良い方に解釈するなら、挫折を味わって良い経験になったのではないかと思っている。無論、二週間もの間彼女が出口の見えない暗闇の中に居たのかと思うと胸が締め付けられる思いなのだが…
ちーちゃんはこれまで間違いなく「選ばれてきた方」だと思う。もちろん世の中上には上がいるし、彼女自身シングルでの立ち位置などで悩んだこともあったが、それでも今回の選挙に立候補しただけでも270人もの人数がいるグループの中では、特に恵まれていたメンバーの一人だったと言っていいだろう。
立ち上げメンバーの特権といえばそうかも知れないが、ごく短い期間で正規メンバーとしての活動を始め、シングル選抜から漏れたことも一度もないし、早い時期からラジオ番組のレギュラー仕事だって持っている。

そんな彼女にとって今回の速報圏外はこれまでで一番大きな、そして初めての挫折らしい挫折だったのではないだろうか。でも、この先もこのグループで頑張っていこうとしているのなら、一度くらいは残酷なくらいの挫折を味わって突き落とされた方がいい。いや絶対に必要な経験だと思う。
上には上がいると言ったが、さくらとはるっぴだって絶望的な挫折を味わって今があるのだ。メロンジュースの選抜発表があった時、まさかの二作続けて二期生にセンターを奪われ「もうどうしたらいいか分からない」と途方に暮れ、二人で泣いたという。それがあったからあの二人は今とても強く、そして輝いている。少なくとも私は明治座でさくらの、先日のチームH公演ではるっぴの姿に感動し、心を打たれた。
「HKTは勢いがあるから」「指原が優秀だから」「コンサートの演出が良いから」そんな言葉だけで片付けようとする安直な意見の持ち主には、一体何を見ているんだと問いたい。二人のエースの輝きを目の当たりにして、そして彼女達が味わってきた挫折に思いを馳せた時、初めてこのグループがいかに強靭な土台で出来ているかを知ることが出来るのだ。そんな事も分からない奴には偉そうに語って欲しくないものだ。

話が逸れてしまったが、チームHのキャプテンとしても、彼女自身の将来のためにも、ここらで今度はちーちゃんが挫折を経験していい番ではないか。それは絶対にいつか実となって返ってくる筈だ。
だがそうはいっても、まさか無いとは思うが本戦圏外や、それを免れたとしても去年よりも大幅に順位を落とすようなことがあったらそんな事も言っていられなくなる。だから今こんなに緊張しているのだ。しかし反対に、目標としている選抜は叶わなかったとしても十分に納得できる範囲の順位を勝ち得たとしたら、この挫折を経験して強くなれた分むしろ大勝利ではないのだろうか。



思いつくままにだらだらと書いてしまったが、いずれにせよもう全ては決している。あと出来るのは、目をそらさずにしっかり見届けることだ。ちーちゃんに良い結果が待っていること、そしてHKTメンバーが一人でも多くランクインしてくれることを願って止まない。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■総選挙開票、ちーちゃんは33位!

総選挙が終わりましたね。現場に参戦した方、遠征で福岡まで行った方、私と同じようにテレビで見守った方、これまでの投票作業も含め、皆さんお疲れ様でした。そして何よりメンバーの皆さん本当にお疲れ様でした。

今夜は余り書く時間が無いので二つだけ。
まずは…

806.png

ちーちゃんは33位!
彼女が目標に掲げていたのは選抜であり、この順位には色々な受け止め方があると思います。ちーふぁむの中には本気で悔しいと思っている人だっているでしょう。
ですが、これは勿論私の個人的な感想ですが、これは万々歳の結果だったと思います。この事についてはまた詳しく書きますね。





そして一方で…
はるっぴが17位に終わってしまった。・゜・(/Д`)・゜・。
今はむしろこっちの事で胸が一杯です。投票していない人間が言うのもなんですが、残念で悔しくて…

これについてもまた改めて、今年の私にとっての総選挙の総括で書きますね。
あっ、最後に。さっしー1位おめでとう!
とり急ぎ今夜はこれで失礼します。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■私的総選挙の振り返り(その一)

総括なんて大層なものではありません。あくまで個人的な感想です。
まずは…

9247b247.jpg
01ad07d6.jpg
3606ac8c.jpg
1e6bf1a9.jpg
55408365.jpg
f961ecb2.jpg
ちーちゃんは速報圏外から大逆転の33位!!
改めてちーちゃんおめでとう!

彼女が目標に掲げていたのはあくまで選抜なので、手放しで喜んでいいものかとも思ったのだが、言ってしまえばそれは「あえて高く掲げた夢のような目標」であり、現実的にはまだまだ遠い話。なにより本人がこれだけ喜んでいるのだからもう当初の目標のことは忘れて歓喜していいだろう。
大勝利!!

去年に比べて3,321票積んで順位を六つ上げたのは胸を張っていいと思う。
ご存知のとおり総選挙は上へ行けば行くほど順位を上げるのは至難の業となる。確かに微増ではあるかも知れないが、今年こうやって順位を6上げたことによって、去年の39位もまた一発の勢いではなくて着実な人気を積み重ねた結果だったと一年経って証明されたのだ。

11d3ddff.jpg
そしてNGのセンターきたあああああああああ
こ、これはおいしい!(笑)
しかもこのNGの顔ぶれ、最高じゃないか。HKTメンが6人もいる。それもチームHから3人、KⅣから3人というバランスの良さで、おまけに花音までいる。
さらにはこのネクストガールズビジュアル力高えええええええぇぇぇwwwww

HKTのシングルを買うのですら自己嫌悪になった私がよもや本店のCDを買うことなんて二度とないと思っていたのだが、これはNGの楽曲が収録されるタイプだけは買うしか!いや絶対買うww
ついでに言うと選抜、UG、NGと全部センターがHKTメンwww

しかしここに至って考えさせられるのは「32位よりも33位の方が絶対においしい」という事実だ。
16位と17位の違いはまた全然別の話だ。選抜は全てのメンバーが目指すべき高みであり、また実際に選抜に入ればその後の仕事も大きく変わってくる。
ところが、アンダーガールズより下は殆どそんな事もない。順位が反映された本店の秋シングルをちょこっと歌ってMVを撮ったらはいおしまい、である。これではどうしたってそういう考え方になって当たり前だ。
メンバー達は誰よりもそれを分かっているから、実際に「UCGのセンター65位が目標です」とか「FGのセンター49位を目指します」と公言する子も少なくない。

これは総選挙がもつ根本的かつ重大な問題点である。この状態を何とかしないと、とにかく少しでも上を目指すという野心が鈍り、手堅くおいしいところに落ち着ければいいという思想が若いメンバーにまで蔓延することにも繫がりかねない。
だからといって、ではどうすればいいのかと問われても何も具体的な改善案が浮かんでこないのだが…

chihiro150606b.jpg
話をちーちゃんの順位に戻すのだが、私は多人数で行動したり何かに所属するのが大嫌いな人間なので、ちーちゃんの生誕委員とか選対がどういうものなのか全く知らない(それどころか穴井推しの知り合いは一人しかいないw)。
だから他のヲタがどのような感じで今回投票をしたのかまるで知らないのだが、速報圏外から2万票超えで33位ってどういう選挙戦だよww

選抜確実の超人気メンの推しが敢えて後出し作戦を選んだというならまだしも、これは心臓に悪いだけだと思うのですが(^_^;



今日もこれ以上書く時間がないので、総選挙の振り返りは何回かに分けて書きますね。
(つづく)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR