■2015年12月

■ただいま恋愛中公演について語ってみる(その一)~出会いと思い出~

1131.png
ひまわり組公演の演目が「パジャマドライブ」から「ただいま恋愛中」に替えられると聞かされた時、その瞬間に抱いた感情は喜びを通り越してもう驚きでしかなかった。
以前の記事で、HKTが劇場公演の演目を切り替えるなら何をやって欲しいかという事について書いたのだが、それはもちろん自分の一番好きなただいま恋愛中公演、それもただ恋ならばチームHでもKⅣでもなくひまわり組にやって欲しいと思っていたのだ。
単純に確率を考えても数十分の一。そんなピンポイントで自分の願いが叶うなんて、こんな事あります?だから喜びを遥かに超えてただただびっくりしてしまったのだ。
そして数秒置いて爆沸きしたw

本来なら、ひまわり組ももちろん大切だがチーム公演の演目こそ先に切り替えるべきで(特にチームKⅣ)、ひまわり組だけ演目変更だなんて何だか誤魔化されたような気分で素直には喜べない、いや喜んではいけないと思うのだが、ここではひとまずそれは置いておいて、HKTひまわり組がただ恋をやるに臨んで色々と思うままに書いていきたいと思う。

DSC06291a.jpg
「ただ恋が一番好き」とは言ったものの、今ある二十の公演を全て均等に見比べたわけではもちろんない(よもやそんな経験の持ち主はいないだろう)。好きになった理由の大半は偶然の出会いと縁、思い入れにある。きっと多くの人が同じようなものではないのだろうか。
私が初めてこの公演を観たのは二年半前、TDCホールで行われたリバイバル上演だった(その時の記事はこちら)。席はアリーナの9列目という推され席、そして当日の出演メンバーがこちら。ででん!

篠田麻里子/高橋みなみ/中塚智実/板野友美/内田眞由美/北原里英/佐藤亜美菜/近野莉菜/石田晴香/大家志津香/小嶋陽菜/藤江れいな/佐々木優佳里/平田梨奈/峯岸みなみ/中西優香

う~ん、今思い返しても豪華な顔ぶれや(笑)
ただでさえ当時はまだ現場の経験が少なく見るもの全てが新鮮で感動的だったというのに、それに加えてこの推され席、豪華メンバー。
これは受け取るものが多過ぎて、メンバーの姿を見るだけで精一杯、公演の内容なんか余り記憶に残らないだろうな。開演前にそんな事を考えていたのだが、終わってみて意外にも強く印象に残っていたのはただいま恋愛中公演のセットリストの素晴らしさだった。



d8b39966151201.jpg
そしてその半年後、思いもよらぬ機会が訪れた。前推しの横山由依ちゃんの生誕祭に入るという幸運に恵まれたのだが(その時の記事はこちら)、当時のチームAがやっていたウェイティング公演が他ならぬただいま恋愛中をベースにしたものだったのだ。ユニット曲の部分だけを完全に入れ替える一方で、その他の全体曲の部分はすっかりそのままただ恋公演というもの。

o0397060012747677389151201.jpg
はじめのうちは推しの生誕祭を最前ドセンで観られるという幸せで頭が一杯だったが、これに彩を添えたのが大好きな演目だったということ。公演が進むにつれ、ただ恋公演の良さを改めて噛み締めていったのだ。
「BINGO!」で余りにノリノリで振りコピをしていたので田野ちゃんから爆私信をもらったところが一番沸いたなんて言えない

こうして「ただいま恋愛中」は私の一推し公演となったのです。
(つづく)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■ただいま恋愛中公演について語ってみる(その二)~初日メンバーを予想すれば色々な事が見えてくる・前編~

IMG_5169151202.jpg
四周年記念公演のステージでは「ただいま恋愛中」を6th選抜の16人で歌ったわけだが、来るひまわり組初日では実際にはどうなるだろか。


穴井千尋、上野遥、神志那結衣、兒玉遥、坂口理子、田島芽瑠、田中美久、松岡菜摘、矢吹奈子、下野由貴、朝長美桜、渕上舞、宮脇咲良、本村碧唯、森保まどか、坂本愛玲菜


これは私の「願望を少しだけ盛り込んだ選抜」である。願望の16人ではなく、あくまでも願望を少しだけ盛り込んだ16人だ。半月後から始まると決まっている公演に臨んで余りに実現の可能性が低い話をしても意味がないからだ。
これをパッと見て瞬時にここに至る引き算と足し算が思い浮かんだあなた、HKTのことが好きですね~(笑)

6th選抜からさしらぶの二人と浮動枠のエミリーを外して、劇場公演で頑張っている象徴的な人物を各期から一人ずつ入れたのがこの顔ぶれだ。ここでの肝はもちろんさっしーらぶたんがいない事である。
これはHKTだけでなくAKBを筆頭に全ての先輩グループがやってきた事だが、22、23歳にもなるようなメンバーをいつまでも一線で使い続けるからグループが停滞するのだ。むろんこれは彼女達を力で追い出せない後輩メンバー達にも責任はあるが、それだけではどうしようもない部分が大きい。
特にさっしーに至っては劇場公演においては今や足を引っ張るだけの存在になってしまっているから尚更である。

IMG_5165151202.jpg
またそれよりも大きな問題として、ひまわり組は非選抜や干されメン、研究生の受け皿公演としての性格が強い。ただ演目が切り替わるだけという現状ではこの先もそれは変わらない事が確実であり、ならば以後実際にこの公演を支えるわけでもない子達で初日メンバーを固めるなどこんなにおかしな話はない。
そういう意味ではさくらはるっぴも同様なのだが、二人はオリメンにしてグループの顔だからね。ひまわり組公演に殆ど出られないメンバーを全員一気に外すことは現実味がなさ過ぎるから、ならばまず外れるべきはこの二人だということだ。



もしこれが実行出来たならグループを若返らせ未来に建設性を持たせる英断だと言えるが、残念ながらこんなのは妄想であって画餅の如し、実際にはあり得ないだろうことも分かっている。
運営にそんな余裕や度量は無いし、また別の角度から考えれば他の15人はともかく指原こそは外せないのかも知れないからだ。つまり、初日メンバーをひまわり組公演の実情に即することよりも宣材、広告塔とする事の方が大事だ、と。
これでは大組閣やドラフト会議などと変わらないが、目先の欲に捉われて腰軽くちょこちょこ動く体質はもうずっと前から本店も博多も変わらない。

実際はそんな事をしたところで喜ぶのはマスコミの芸能担当くらいで、そんな連中の得になったところで何の意味もないというのに…
何故なら、48Gで東京圏から一番遠い妹グループが劇場で新しい公演を始めたからといって、それが朝の情報番組で流れたりスポーツ紙に載ったところで空気でしかないし、それでグループへの関心が増したりファンが増えるなど幻想に過ぎないからだ。
だが同じ事をもうずっと繰り返している以上、飽き豚や運営どもはこのあたりの事はまったく理解していないだろう。そして12月19日の公演は「ひまわり組公演の初日」ではなく「人気メンバーで固めた初日公演という看板」になってしまうのだ。

sakura151202.jpg
もしさくらが初日メンバーにいなかったらと想像してみよう。
さくら推しが「初日にさくらがいないとかあり得ないだろ!」と目くじらを立てて騒ぎ立てるだろうか。もちろん中にはそういう視野の狭い盲目ヲタもいるだろうが、分別ある多くの人は「実際に公演に出ない人が初日だけ出ても申し訳ない、仕方ない」と思うのではないか(そうでなかったら子供過ぎてついていけない)。

IMG_5178151202.jpg
そう言うが、ならばお前はちーちゃんが初日から外れても受け入れられるのかと問われそうだが、当たり前だ。
ちーちゃんは今年ひまわり組公演にたったの二回しか出ていない。その前に出たのは去年の10月である。そんなメンバーが初日スタメンに名を連ねるなんて手放しでは喜べないし、実際に以後ひまわり組公演を支えることになるであろうメンバーやそのファンに申し訳ないではないか。

私が初日を絶対に当てたいと願っているのは、客観的に見てちーちゃんが出る可能性が高いからだ。自分の一番好きなメンバーが一番好きな公演に出る、これを見逃す手はないでしょう。だが以後いつまた出るのか分かったものじゃない。だから初日に入りたい。
もちろんグループの節目を見届けるというのが自身のヲタ活の根幹だし、たまには祭りもいいなと思う気持ちだって無いと言ったら嘘になる。だが理由の大半はこれでしかない。

それはともかくとして、初日メンバーの顔ぶれからグループの中長期的な方針が見えてくることは間違いないだろう。現状に危機感を抱いて少しでも頑張るのか、それとも何も変わらないのか。
恐らく後者であり、折角の切り替え初日から停滞感が漂うことになる可能性がきわめて高い。その事は覚悟しておいた方が良さそうだ。
そして最後に一つだけ言いたい。初日メンバーを伏せておくなどという百害あって一利なしの馬鹿なことだけは絶対にするなよ!本当に運営のやる事を見ていると、ここまで学習能力の無い人達が世の中いるものだろうかと毎度うんざりしてくる。
(つづく)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像



■(定期、いや常時)ちーちゃんがかわい過ぎて生きるのが辛い

ここ最近重い記事ばかりが続いたので今夜は癒されて幸せな気分になりましょう(笑)

chihiro151202a.jpg
うわあああああああああああああああああああああ
ちーちゃんのかわいさが臨界点を突破して人智を超越する域に入ってきている…

80a82a56151202.jpg
87f52033151202.jpg
昨日はなんとか歌謡祭という番組があってたわけだが、この場面のちーちゃん、この静止画だけでも悶絶級のかわいさなのだが、実際に見てみたら動きとか仕草とか全てがもうかわい過ぎて…ああああ

chihiro151203a.jpg
それにしてもショートの暗い髪にしたちーちゃんがかわい過ぎて、早くちーちゃんに会いたい(//▽//)

しかし先月のパジャドラの時はそれまでよりもばっさり髪が短くなってかなり明るい髪色にガラッと変わっていて、その時も「雰囲気を変えたちーちゃんに早く会いたい」なんて言っていたのだが、あれからまだ三週間しか経っていないというのに…
これはある意味壮大な釣り堀ですよ。こうも頻繁にCUD(※ちひろアップデートのことw)が行われると、その度に「ちーちゃんに会いたい、公演観に行きたい」となるわけだ。

おまけにモバメにだけニットセーターの写真を付けてくるというサーヴィスまで( ̄▽ ̄)
とっていない人にはニットのおΠちーちゃんは見れないよ、ふふふ( ̄▽ ̄)





50164dbbd5cc8f7f872000602b5a855c151203.jpg
「この感じ…!チヒロ・アナイか」
「大尉、そのアイドルは危険です!」
「ニュータイプだとでも言うのか」
「分かりません…ただ、感じるのです」
「人としてはポンコツだが、アイドルとしてはそうではないというのか、ちいっ!」

などという謎妄想がwww
あっ、明日はまたばり重い記事書くけん楽しみに待っとってね(笑)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■ただいま恋愛中公演について語ってみる(その三)~初日メンバーを予想すれば色々な事が見えてくる・中編~

kanna151202.jpg
前の記事で「自分の願望を少しだけ加えた初日メンバー」16人を書いたのだが、その際に一番引っ掛かっていたメンバーはかんなだった。
総選挙で42位に入ったのに6th選抜から外されたかんちゃん、可哀相すぎる(´;ω;`)
(しかもルックスもアイドルグループの中にいて尚トップクラスだという事は誰も否定しないだろう。それなのに…)

夏フェスには総選挙ランカーの15人が全員出たし、6thカップリングのダブルセンターだ。しかしそれだけでは足りない。推しでなくてもそう思う。特にカップリングのセンターというのはどうも誤魔化されたような心境になる。泣いている子供の口に無理矢理飴玉を突っ込んで黙らせるかのようだ。

kannna151202a.jpg
しかしここまできて、ファンに対する裏切り行為ともいえるこのような扱いに腹を立てる以前に、そもそも総選挙ランカーというものの価値について考えてしまう。
推しメンのためにと金を注ぎ込み選対活動を頑張って順位を押し上げたところで、それに見合う仕事など与えられず、全ては身勝手で独善的な飽き豚の決定にしかよらない。この事実をどう受け取るのか。
しかも今年から17位以下のランカー、各○○ガールズの楽曲を披露することさえ放棄されたのだ。「よくもこんな事が平気で出来るな」と呆れるばかりだが、それはつまり「よくもこんなイベントに平気で投票出来るな」ということになる。

以前の記事にも書いた通りだが、今や総選挙は汚い二重集金イベントでしかなく、ステージ上のメンバー、現場に足を運んだファン、投票をしたファン、それらすべてを侮辱する卑劣な悪行である。
ファンが力を携えて積み重なった一票一票と、その結果彼女が手にした42位という順位。それ自体はもちろん価値ある尊いものだが、このような総選挙の本質と向き合った時、果たしてそれが意味のある事と言えるだろうか。仮に彼女を推している人が来年さらに頑張って票を積み彼女の順位を押し上げたところで、そんなものに興味のない豚や運営どもは「あっそ」で終わり、そして同じ屈辱をまた味わう、それだけなのだ。
それでも来年もまた沢山投票すると言われたら、余りにも価値観がかけ離れ過ぎていて私にはもう理解できない。頑張って下さいとしか言えない。

ともかく、かんなはただ恋初日に選ばれるかどうかが興味深いメンバーの一人だ。彼女が外れるようなら、改めて総選挙がいかに酷いイベントであるか、そして投票したところで推しの将来になんか何も生みはしないし豚の汚い私腹を肥やすだけの愚行であるという事を、多くの人に考えて欲しい。
(つづく)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■定期・雑誌買い過ぎ問題

こんばんは、久し振りに「土日に休む」という人並みの生活をした管理人のとけすんです(笑)
土曜は悪友達との忘年会、日曜は中国語の勉強会(4人ユニット)w
さてさて…



DSC06293a.jpg
HKTメンが表紙を飾ったりグラビアが掲載されている雑誌を見ると無条件に脊髄反射で買ってしまうという悪癖がどうしても治らない('A`)
中でも酷いのが下の方に写っているヤングガンガン、ヤングチャンピオンといったやつで、普段はまったく読んでいないから知っている漫画や読みたい漫画があるわけでもなく、はるっぴさくらの表紙とグラビア数ページをパラパラッと見たらはいおしまいなのだ。
そしてアイドル系雑誌の方も、グラビアをざっと見ただけであとは読まずに放置してしまっているのが現実だ。

たかが数百円、されど数百円、塵も積もれば何とやら。だが金の事もさることながら、こうやって雑誌を買い続けていくことがもう一つ大きな問題を生みつつある。
私は身の周りにごちゃごちゃと物が多いのが大嫌いで、常に整理整頓、余分な物は一切持たない、家の中がガランとしていて殺風景なくらいでないと落ち着かないのだ。その最大の阻害要因が他ならぬ日々溜まっていく雑誌というわけ(笑)

DSC06294a.jpg
どうしてこう性懲りもなく次々と買ってしまうのか。
百貨店新規とはいえ、まだメジャーデビューする前、この子達が雑誌の表紙を飾るだなんて想像も出来なかった頃から見てきた身としては、それが叶っている今がとても嬉しい。だからつい買ってしまうのだ。
だからその実感を得るという意味では買う行為そのものが目的であって、自分が好きでやっているのだからこれでいいとも思えるのだが、いつか思い切って一度全部捨てないと収拾がつかないことになる。
…たぶん無理だな( ̄▽ ̄;)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR