■2016年04月

■惜別、HKT48劇場

d05cfaf4-f3cd-4a7c-a6bc-fc3029dcdf56160331.jpg
とうとうこの日がやって来てしまった。
専用劇場の喪失という受け入れ難い現実を突き付けられて、どうすることも出来ずただ立ち尽くし、今はもう無力にHKTだけに起こった不運を呪い、別れを惜しむことしか出来ない。

昨夜の最終公演、そしてメンバーのぐぐたす投稿などを見ると、卒業公演のような湿っぽさや悲壮感はなく、意外な程に明るく前向きだ。気持ちはもう西鉄ホールへ向かっているということだろうか。
まあ、切り替えが早く直ぐに前向きになるのは彼女達の生きる術とも言えるが…



1190.png

chihiro160401a.jpg

ちーちゃんに至っては「今日はいいスタートになった」とまで言っている。こんな風に思えるなんて凄い。
これが若さというやつなのだろう、羨ましい。私が先ず感じたことがこれだ。
もちろんそれだけでなくて、当のメンバー達はそれこそまだ実感が湧いていないのだろう。ツアー千秋楽の翌日に早起きして多くのメンバーが二回公演、しかも特別公演はワンオフのセットリスト。これでは目の前の公演を無事に終わらせるので精一杯だったと思う。

今日のちーちゃんの第一声も「ずっとライブ続きだったから、とりあえず昨日が終わってホッとしてる」まさにこれが正直な気持ちに違いない。そして早くも明日からは東京で出張公演だ。千秋楽の翌々日に「再演」では実感が湧かないのも無理はないw
きっと少し日が経ってから実感するのだろう。



2307361e-a48c-4331-b63f-0f45b270a7eb160331ikkisei2.jpg
常設の専用劇場を持つだなんて、そんじょそこらのアイドルに出来ることではない。ましてデビューと同時に持つなど、これがいかに難しくいかに凄いことか。
たとえ立地が多少悪かろうと、柱が邪魔な欠陥構造であろうとも、専用劇場を持っているという事実こそがメンバーにとって最大の誇りであり、グループ愛とモチベーションの源であり、ファンにとってはこの上ない贅沢なのだ。そしてそれはAKB48グループの一員としての出自そのものでもある。
立地の事を言うなら、西鉄ホールは確かに最高だ。福岡でこれ以上の場所はない。だがHKTが専用劇場を構える誇り高きアイドルから、間借りで公演をさせてもらう浪人アイドルに落ちぶれたことには変わりない。

「私達の大切な劇場」だと思えばこそメンバーの情念が宿り、それを纏った16人が輝きを発して、ひとたび公演が始まればそこは小さな宇宙と化す。そして夢のような時間を我々に与えてくれるのだ。
HKT劇場にははるたんが住んでいるなんていう冗談があったが、それは寝ても覚めても心は劇場にあったということ。大切なのは実際にメンバーが劇場にいる時、公演が行われている時だけではない。

hkt48theater160401.jpeg
考えてみよう、たとえばメンバー達が握手会で千葉や横浜へ行っている時。本来書き入れ時である筈の土日に誰にも使われることなく、劇場は束の間の休息をとり、メンバー達が帰って来るのを静かに待っていたのだ。これこそ専用劇場を持つ贅沢というもの。

これに対して、自分達が公演をやっている時以外は誰がどう使っているのか分からない間借りの劇場と寝ても覚めても心を共に出来るだろうか。メンバーの想いが宿るだろうか。そんな所からは物語や伝説は生まれない。

hkt48theater-debeso.jpg
昨日からメンバー達が劇場との最後の思い出にステージやレッスン場で撮った写真や動画を沢山上げているが、そんな中りーぬがこの、出べそだけを写した一枚を上げてくれた。
(この写真をぐぐたすに載せるセンスに感心する)

配信の映像などでは分かりづらいのだが、実際に劇場へ行った人ならよくご存知だろう。ステージはこのように傷だらけなのだ。余りに無数に傷があるので逆にこうして間近で見ないと分からない。原則としてこうしてステージに傷を付けることが許されるのはHKT48のメンバーだけ。だからこの傷はグループの足跡そのものでもあり、たいへんに尊いものだ。

20121214091000.png
劇場公演だけでなく、テレビ番組でもメンバー達の活躍の場はいつだって劇場だった。
私は典型的な百貨店新規である。あの番組がなければヲタとしての今はなかっただろう。あの番組を収録していたのも他でもないHKT劇場のステージの上だった。

地上波とはいえ、当時まだ無名でメジャーデビューすらしていなかったHKT、それも深夜番組である。劇場を使えば低予算、短時間で番組が作れる。豪華なセットや派手な演出も何も無いから、その分メンバー達の素の人柄と体当たりの頑張りだけで番組を盛り上げようと皆で頑張った。だから神番組になったのだ。ステージ上手のバラエティ班など照明すらよく当たっていなかった(笑)が、だからこそ立ち上がって声を出して目立とうとしてスキルを上げていった。

1184.png
バラエティ48も昔は専ら劇場のステージだったし、シャカリキ48の冒頭はレッスン場から始まり、最終回で皆で傘を広げたのもレッスン場だ。おでかけだって初回は劇場の前からロケに出発し、最後はまた劇場に帰ってきてレッスン場で車座になって反省会をする場面で終わった。
こんな事が出来るのも、自分達だけが自由に使える劇場があればこそだ。



実際に西鉄ホールで公演を始めれば、メンバー達はそこで間借りならではの様々な制約や不自由さにぶつかることになり、戸惑う筈だ。その時になって初めて気付くのかも知れない。自分達が失ったものがいかに大きなものか、いかにかけがいのないものであったかという事に。
メンバー達は皆強い心の持ち主とはいえ、どうかこれにしっかりと耐えて欲しいと願う。そしてアイドルとしての輝きだけは絶対に失わないで欲しい。
そしてもちろん今すぐになどとは言わないが、必ず専用劇場を再建して欲しいと、心からそう強く願う。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■横浜スタジアムとAKB劇場

ヲタの中には、特に本店推しの人なら直近の現場が横浜スタジアムとAKB劇場だったという人もいることでしょう。
今日は私もハマスタとAKB劇場について書いてみます。

securedownload160402a.jpg
まず今日は予定通りハマスタへ行っていました。もちろん(?)横浜×阪神戦ですw
が、その前に、昨日の昼間にこんなメールが届いていました。

securedownload160401.png


143番wwwwwww
ちなみに出演メンバーはこの16人。

秋吉優花・穴井千尋・井上由莉耶・宇井真白・上野遥・岡本尚子・兒玉遥・駒田京伽・田島芽瑠・田中菜津美・田中美久・松岡菜摘・矢吹奈子・山田麻莉奈・山本茉央・若田部遥

どう見ても終戦だろww
当選メールが来た瞬間の歓喜と次の瞬間の落胆の高低差kwsk
そしてね、久々に思い出しましたよ、この感覚。入れないキャン待ちに下手に当選したせいで次の公演に当たらなくなるってやつね。
翌々日はちーちゃんこそ出ないもののHKTただ恋出張公演だったのに…

そう、一般枠は「キャンセル待ち 希望する」で投げたらあかんやつやった。すっかり忘れてましたよ。HKT劇場なんてそんな事考える必要なかったものなあ…(二日続けて当たったりするところですから。本店とは世界が違った)
なにせ前回AKB劇場の公演に投げたのは二年以上前ですからね(笑)
もちろん今日は頃合いの時間に秋葉原駅を華麗に通過して横浜へ向かいましたwwww
これは新潟に懸けるしか(ぇ



DSC06560.jpg
ちなみに試合は阪神が5-0で快勝!^^
といっても今日は勝ち負けよりも高山や横田ら新戦力をこの目で確認するのが主目的だったのですが…
ドラ1ルーキーの高山が右に左に2点適時打含む2安打o(゚∀゚)oワーイワーイ

野球を知らない方にこの様子を分かりやすく例えますと、
「松岡はな?ドラフト期待の新人?ふ~ん、どんな子か見てやんよ」
              ↓
「なんだこの子アイドルオーラSUGEEEEEEEEEE!」
              ↓
「は↑な↓ちゃああああぁぁん↑」

と、こんな感じですかねwwwww





そうそう、キャン待ち発券も迫る正午前くらいにチケセンのマイページを覗いてみたのですが…

securedownload160402b.png

5人wwww
ドタキャンが何人いたのか知らないけど、何人入れたんですかね笑
いや、というかそもそも、普通に考えたらたかが定員250人の劇場でキャンセルが5人も出るだけでも異常なわけで、キャンセルに対して罰則を設けないという運営の怠慢、愚行の中でも最大級のものが依然そのままなんですよね。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像



■博多遠征記(一日目)

(※長文、写真大量注意)

ちょっと日が空いてしまいましたが、3月29日と30日の春コンマリンメッセの時の遠征記をお届けします。
まずは一日目の3月29日の分から。

DSC06526.jpg
今回も安定不変、俺ののぞみ23号てゅわんで一路博多へ向かいます。
…って、えっ?
劇場公演じゃないのにまたこの列車で行くんかいwwと思われた方もいらっしゃるでしょう。でもね、ちょっと聞いて欲しいっちゃん!
15時過ぎに博多駅に到着→福岡市内のビジネスホテルに投宿し、部屋で一息入れる→マリンメッセまでのんびり歩いて行く。
こう考えるとこの列車で行くのが絶妙な時間配分なんですよ。

と思っていたら、てっきり18時開演だと思い込んでいたのが18時半開演だった!
ということにホテルの部屋に着いてから気付いた!ww
これだったら一、二本遅い列車でもよかった( ̄▽ ̄;)
でもね、今回もまたのぞみ23号で行ったのには実は他に大事な意味があったのです。
事と次第によってはこれが最後の博多遠征になるかも知れない。ならば公演で遠征の時にずっと乗り続けてきたこの列車で行こうと思ったのです。そして前回ちー誕祭で遠征した時と同じ駅弁の「鶏照り焼き重」を買って乗り込み、まったく同じ1号車の後ろから3列目のE席に座りました。

余りの速さで色々なものを失い、壊れていくHKTの現状に抗いたいような、これ以上何も変わらずに続いて欲しいと願を掛けるような、そんな心境だったのだと思います。この日の私がいかに病んでいたかお分かりいただけるでしょう。
でも、変わらないものなど世の中に存在しません。そしてその変化の前に一人の人間など実に無力です。ちょうど三日前にあったダイヤ改正の産物なのでしょう、これまでずっと乗って来たのぞみ23号の編成が変わっていました。さらには7分先行する岡山行きのひかり467号。いつもこの列車が向かいの番線から発車していくのを見送っていたのですが、別のホームに変更されていて今回その姿は見えませんでした。
春だなあ、こうやってみんな変わっていくんだなあと実感して、思わず溜め息を漏らしました。やはり相当に病んでいましたね。

DSC06527.jpg
そんな私の気持ちとは裏腹に新幹線はいつもと変わらぬ快足を飛ばして時刻通りに博多駅に着きました。
体が反射的に地下鉄乗り場の方に向かいそうになりましたが、今日の目的地は違うので間違えて筑前前原行きに乗ってしまわないよう気をつけますww
今回は博多駅とマリンメッセを結ぶ線上で、且つほぼ中間地点という絶妙な場所のホテルをとることが出来ました。時間に余裕があったこともあり、のんびり歩いてホテルへ向かいました。

DSC06528.jpg
私は六歳の頃から一人旅をしている病的なくらいの旅好きです。だから日本中で行ったことが無いのは離島のごく一部だけで、稚内から石垣まであらゆる都市のことを知っているし地理が頭に入っています。
でも、遠隔地でありながらこんなにも頻繁に足を運び、こんなにも馴染みの場所や思い出の場所があるのは福岡だけです。もちろんそれはHKTのために通ったからです。

博多駅に背を向けてホテルへ向かって歩き出したのですが、ものの数分もしないうちに物件に遭遇します。

DSC06529.jpg
まずこれはドキュメンタリー映画でさっしーりこぴが二人で話していた店。
(若い娘二人でこんな所に来んなよw)

DSC06530.jpg
某メンバーがバイトしていたという噂の佐川急便(笑)

DSC06531.jpg
ここは九ツ千秋楽に参戦した後3104さんと飲んだ居酒屋。

DSC06532.jpg
この長浜ナンバーワンでも二回くらい食べたなあ…

DSC06533.jpg
DSC06534.jpg
櫛田神社などもう何回来たか思い出せません。
これだけではありません。福岡という都市は慢性的にビジネスホテル不足で常に混雑しているので、気に入ったホテルを見付けても次もまたそこに泊まれるかというと、むしろその確率の方が低いのです。
その結果、遠征する度に色々なホテルを泊まり歩くことになります。市街地の中心部を少し歩くだけで、過去に泊まったことのあるホテルが三つ四つと目に留まります。

どうです、博多駅から宿へ向かって最短経路です。それをたかが20分歩くだけでこんなにも次々と縁のあるものが目に飛び込んでくるのです。こんな所は福岡以外にありません。
もしかしたら今回が最後かも知れないと思ったら、それらの一つ一つが愛おしく感じられて、じっくり噛み締めながらホテルへの道程を歩きました。



DSC06539.jpg
ホテルの部屋で一時間ちょっと休んで、それからマリンメッセへ向かいました。

DSC06541.jpg
サンパレスの前を通り過ぎて高速道路の下をくぐって行きますが、これだって思い出の場所です。

securedownload0714m.jpg
海中コンの時に天神からのシャトルバスに乗って現地まで行ったのですが、ちょうどここを通り過ぎる瞬間「おおっ、サンパレスだ!こっちは、これがマリンメッセか!」ときょろきょろしながらはしゃいでいたのです。

DSC06542.jpg
DSC06544.jpg
そんなこんなで人生初の福岡マリンメッセに到着しました。
そして毎度の事ですがこの遠征記では話はいきなり終演後に飛びます(笑)

DSC06545.jpg
西鉄の臨時バスが何台も連なってヲタを待ち構えている光景は興奮ものでしたww
それはどーでもいいとして、マリンメッセは出入口が広いし建物周辺の敷地も広い。だから終演後に何処も渋滞しなくて実に快適に帰路に就くことが出来ました。これは素晴らしいことです^^

さらにはホテルへ向かって大通りを外して歩いたので、会場を出てから五分も歩けば周囲に誰もいなくなりました。まったく長時間敷地から出ることも出来ない代々木体育館の糞構造とは雲泥の差だ。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■博多遠征記(二日目)

(※長文注意)

遠征二日目、3月30日の顛末を報告します。
この日は福岡市内のビジネスホテルの部屋で起床しました。朝のうちは特にやる事もなく、ホテルも連泊で荷物をまとめたりする必要もないので、かなりのんびり過ごしました。そして11時頃になって漸く出発しました。

securedownload160405b.jpg
ここで話はいきなり一日目の夜に戻るのですが、私としては珍しく二軒目に屋台で飲みました。屋台に入るなど一体何年ぶりのことでしょうか。
福岡といえば屋台、屋台といえば福岡。地元の人の中にも熱狂的な屋台愛好家がいるようですが、私は余りこれを好みません。屋台の意義の大半は雰囲気を楽しむことであって、酒肴に実を求めるならばやはり店を構えた居酒屋の方がいいからです。
この日気分を変えて屋台の暖簾をくぐったのは、福岡への遠征もこれで最後かも知れないと思ったら最後の土産話に一つ屋台もいいじゃないか、と思えたからです。

親父さんと楽しく話をさせていただき、福岡のことなども色々聞かせてもらいましたが、中でも特に印象に残ったのは条例が厳しくなる一方で屋台の居場所がどんどんなくなるという話でした。この屋台ももう五月には別の場所へ移らなければならないそうです。
何とか営業は続けられるものの場所を移れば細かい部分で負担は増えるし、七十を越えた親父さんには跡取りもいないから何かあったらもう廃業するしかないそうです。
外的要因によって望まぬ形で専用劇場を失わなければならないHKTの姿と重なって、寂しい気持ちが助長され病んでいた心がさらに病んでしまうようでした。でも春コン千秋楽のマリンメッセ二日目へ向けて、もしちーちゃんの卒業発表があったとしてもそれをしっかりと受け止められるように気持ちを強く持たなければいけない時だったので、この親父さんの話を聞けて却ってよかったと思いました。



話が大分逸れましたが、遠征二日目の朝に戻します。まずはホテルの最寄り駅の中洲川端から地下鉄に乗るのですが、その前にもちろんここの前へ。

DSC06547.jpg
博多座です。前日に引き続き、これが最後の福岡かも知れないと考えたら思い出の場所をなるべく目に焼き付けておきたいという気持ちになります。
実はちょっと分かりにくいかも知れませんが、画面の右端にワンピースの幕が写り込んでいます。まさか二日後にこれを観るためにちーちゃん含む大勢のメンバーがここへやって来るとは思いませんでした(笑)

地下鉄で唐人町へ向かいます。もちろん「3号車の一番前の扉」から乗りますww唐人町駅ホームの階段が目の前です。

DSC06548.jpg
DSC06555.jpg
ちーちゃん卒業回避、西鉄ホールの公演を観にまた福岡へ遠征、となったとしても、こうして唐人町駅からこの川沿いの道を歩くことはもう二度とありません。いよいよ最後にしっかりと目に焼き付け、噛み締めるようにしてホークスタウンまで歩きました。
野球好きの私なのでまたここを歩くことがあるかも知れませんが、それはまるで別物です。

DSC06550.jpg
劇場の前を通り過ぎて隣接する会場で行われている「さよなら劇場展」へ向かいます。
この日劇場に入れたのはバックヤードツアーなどに当選した一部の幸運な人だけです。それでも前を通って行くヲタのためにちゃんと入口の看板も、ロビーから劇場に入る扉の上にあるあの黄色いネオンも点灯して出迎えてくれました。

実は当初は、このさよなら劇場展の開場に合わせて朝10時までにはここへ来ようと思っていたのです。しかし朝一番なんて遠征ヲタが大挙して押し寄せるのは明らかであり、ネットで情報を拾っても、早い時間に行ったところで人が多いだけで特に利点はなさそうだったのでこのようにのんびりと行ったのです。
そしてこの判断は当たっていました。入場の待ち時間は15分くらい。中の展示も、じっくり見ても30分くらいしかかかりませんでした。
前の晩に飲み過ぎて起きたら9時過ぎだったなんて言えない

DSC06551.jpg
そして展示よりも何よりも大事なのは楽屋などが見学出来るバックヤードツアーです。ところがこれについてもほぼ期待出来ないということを、入場してすぐに悟りました。
自分の前のヲタ達が次々と外れ玉をはじき出しては肩を落として奥へ進んで行きます。そしてガラガラの下には山と積まれた外れ玉…一体当選確率は何十分の一だったんだよww
少なくとも劇場公演よりも当たりにくいであろうことは明らかでした(笑)

入場無料やけん、当たるまで無限ループしちゃるばい!と鼻息を荒くしていたのですが、これでは殆ど望みはなさそうです。
一応もう一回だけ入ったのですが、当然の如くまた外れ(^_^;
前後十人ほどのヲタを観察していたのですが、彼等も全員外れていました。これ以上15分も20分も並んでそんな事を繰り返しても無益です。

DSC06549.jpg
DSC06554.jpg
そのようなわけでさよなら劇場展はここで切り上げ、最後にホークスタウンの中を軽く一周して、それから私としての劇場との最後のお別れをして立ち去りました。
しかし時刻はまだ13時半です。図らずもマリンメッセへ行くまでに大幅に時間が余ってしまいました。どうしたものか…

特にやる事もないし、マリンメッセへ行くまでの間少しHKTのことを考えないで気持ちを休ませたかったし、頃合いよく晴れてきました。そこで福岡の町を歩いてホテルまで戻ることにしました。
歩こう歩こう私は元気、歩くの大好きどんどん行こう…言わずと知れたトトロの歌ですが、初めて聴いた時「俺のために書かれた歌なんじゃねーか」と思いましたねww
元気かどうかはともかくとして(笑)私は元来の旅好きから、とにかく歩くのが好きなんです。特に旅先の余所の土地では三時間、四時間と平気で歩いてしまいます。確かに足は疲れますが、楽しさがそれに勝ってしまうんです。

DSC06556.jpg
まずはホークスタウンからほど近い西公園の桜が見頃でした。それから港に沿って歩き長浜から天神の真ん中を突っ切って、川端にあるホテルに一旦戻りました。こうして港から市街の中心部まで景色の変化を見ながら歩くとその町の規模や色々な事が見えてきます。
その道中に…

DSC06557.jpg
いーちゃんがバイトしたガソリンスタンドきたー!
亡霊ではありませんよww偶然前を通り、その瞬間に思い出したのです。

この後はホテルの部屋で一息入れてから一日目に続いて歩いてマリンメッセへ向かいました。
あとは先にお伝えしたとおりです。この日は研究生の昇格とホールツアーの発表があって、ちーちゃんの卒業発表はなし。一日目に比べてかなり晴れ晴れした気分で、終演後の酒が美味かったですね(笑)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■HKT48劇場の思い出(その一)

HKT48劇場がなくなってしまったという事実を思うと改めて胸が痛く、辛くて仕方ないが、一ファンに過ぎない私がそんな事を言ってもどうしようもないし、メンバーはもっと辛いだろう。そしていつまでも死んだ子の年を数えていても仕方がない。
ここでは自身のHKT48劇場の思い出を振り返ってみたいと思う。

私とHKT48劇場との出会いは実は五年前の秋まで遡る。五年前の秋といえばまさしくHKTが劇場公演を始めた、事実上HKTが生まれたと言っていいその頃である。

IMG_2355160404.jpg
2011年11月19日、私はソフトバンク×中日の日本シリーズを観るためにヤフードームへ向かっていた。どちらも興味のあるチームではなく、後輩に誘われてたまたま予定が空いていたから九州旅行のつもりで…という軽い動機で行ったのだ。

何も知らずに球場へ向かってホークスタウンの中を通り抜け歩いていた私は、目に飛び込んで来たHKT48劇場の姿に思わず驚きの声を上げてしまった。
「ここに劇場が出来たのか!」

IMG_2357160404.jpg
当時HKTのことは全く知らず、興味も無かったが、既にヲタではあったので「AKBINGO!」などからHKT48が出来たことは知っていた。
奇しくもこの一週間後、11月26日がHKT48劇場グランドオープン初日公演だった。グループはまだ始動していないけれど劇場は既に完成しているという、絶妙な時期に前を通ったことになる。

よりにもよって全グループの中でもっとも遠い福岡までわざわざ公演を観に通うことになろうとは、この時は夢にも思わなかった。だが今思えばこれは暗示、運命が引き寄せる力だったのだろう。そして写真を撮っておかなかったのが悔やまれる(笑)



DSC02704160404a.jpg
DSC02708160404.jpg
それから二年の月日が流れ、初めてHKT劇場に公演を観に行ったのは忘れもしない2013年9月16日、誕生日のことだった。

台風の直撃を喰らい、無事に福岡まで移動出来るのか分からない中、仕事の予定を無理矢理ねじ曲げて、詰め込んで、前日に福岡入りした。公私に渡り、心身ともに詰め込み過ぎてしまった私は一時的な睡眠障害のようなものを発してしまい、初めてHKTの公演を観るという大事な日の前夜にほぼ一睡も出来ないという状態で、ふらふらと劇場へ向かったのだ。

teamh_02_04 (1)
だが、そんな体調不良を一瞬で吹き飛ばすメンバー達の輝きがステージの上にはあった。
あの日、博多レジェンド公演の前半4曲が終わったところで私は一つの確信と決心に辿り着いた。「これから、このグループから一瞬も目をそらさずに見届けていこう。必ず素晴らしいことが待っている」
そしてそれは現実のものとなった。HKT48の活動も、自身のヲタ活もまさに黄金期と言える輝かしい日々の始まりだった。
「天国野郎」の途中で激しい睡魔に襲われて記憶が飛んでいるのも今や良い思い出である…笑

それから劇場詣でを繰り返すこと19回。有り難いことにちーちゃんの生誕祭にも二年続けて参加出来たし、優勝して荒んだ気持ちでそそくさと劇場を後にしたこともあった。二日続けて公演を観に通ったこともあった。野球観戦のためにウェルカムボードだけ撮影して劇場の前を通り過ぎたこともある(笑)
3104さんやジョニーさん、ギラギラさんなど、劇場の前で初めてお会いしてヲタ仲間の輪を広げてくれたのもHKT劇場だった。とにかく一言では語り尽くせぬ思い出がある。
(つづく)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR