■2016年05月

■西鉄ホールあれこれ

こんばんは。シア女の初日落選してむしろホッとしている管理人のとけすんです。
やはり大型連休中に遠征だなんて頼まれてもやりたくない事であって、でもシア女の初日に入れるのならそれも致し方なしという心境だった。そんな程度のモチベで投げても劇場公演なんて当たるわけないのですね(笑)

まあそんな事はどーでもいいとして…
新天地の西鉄ホールへ移転してから四日。初日の特別公演に続いてただ恋公演をやって、色々な事が分かってきましたね。
ここまでに知り得た情報を整理すると、



①通常公演でも初日の特別公演と同じステージ構成
IMG_6399160430.jpg
通常の16人公演でもBステージや花道を使った初日と同じ構成らしい。個人的にはやっぱりこれには賛成出来ない。ツアーでやればいい事ではないか。そこを使い分けるべきだ。
Bステなんか無くしてその分客席を前に詰めて、正面のメインステージだけで真っ直ぐ客席と向き合って勝負すべきだ。劇場公演とはそういうものではないか。大箱のホールの花道などでメンバーが近くに来るのは嬉しいものだが、干され席でその様子を見下ろしていると何とも散漫な感じがする。メンバーが小走りで移動する時間も間延びしていて、それが散漫さを助長する。あれを劇場公演でやって欲しくはない。曲によっては群舞の迫力というものも削がれてしまうだろう。それでは本末転倒である。
まあ実際にその場で観てみたら想像を超えて良かった、という事もあり得るわけだから今の段階であれこれ言うのは早計とも言えるが…

そしてセリが無いらしい_| ̄|○
「シアターの女神」も「ただいま恋愛中」もとりわけセリ上げの演出が大切な曲だというのにおおん
これについては後日また詳しく書きます。
セリ上げ演出が出来ないことを重く受け止め過ぎてBステだの花道だのに走ってしまったのだとすれば、むしろ共感出来るとすら言えるのかも…?



②紙のチケットは健在
これは大歓迎だ。(その理由についてはこちらを参照して下さい)
ただ、券面には旧劇場の電話番号がそのまま記載されてしまっているらしい。これは変更の作業が間に合っていないことを意味しているが、となれば、紙のチケットを廃止しようとしたがその仕事が間に合わなかったという可能性もある。予断を許さぬ状況と言えるだろう。



③番号指定買いは出来ない
これも歓迎だ(笑)
旧劇場ではなまじ指定買いが出来たものだから「折角遠路はるばる行くからには早めに劇場へ着きたい」となり、それが俺ののぞみ23号たんTOへの道を拓いたわけだがw

指定買いして下1番を手にしたところで抽選で干されたら意味がない。こう言われたら返す言葉もなく、実際ある程度後ろの方の巡目で呼ばれたら10人程度の差なんて殆ど意味がない。

DSC06707.jpg
だが、推され巡で呼ばれると数人の差が大きな差となる。旧HKT劇場で、一度だけ1巡で呼ばれて下手最前角の神席A-9に座ったことがある。これだって下1番を買ったからこそであり、同じ1巡入場でも28番や30番だったらこの最前角に座るのは絶対に不可能だったと言える。

DSC05565.jpg
だからこそ毎度開場前から早々と並んでいたわけだが、指定買いが出来なければ対内に間に合う時間に着きさえすればいいわけで、むしろ気が楽だしもっと家を出る時間を遅く出来るのだ。
まあ、とはいっても…本当に指定買いが出来ないのか、この件に関しては自分で確認するまでは信じないけどねww



④県外枠も抽選入場
これは個人的には大して興味がないのだが、これによって今後この枠がこれまで以上に無意味なものになった。
そもそも遠方枠が出演メンバーが発表される前に申し込まなければならない制度に改悪されて以降、事実上応募出来る枠が一つ減ってしまっていた。これに関しては公演翌日のアンケートで毎回理由をしっかり挙げた上で元に戻して欲しいと書き続けてきたが、結局それは叶わなかった。

それでも抽選無しで良席というのはやはり絶大な魅力であって、だからこそ生誕祭の日程をあれこれ考えて予測したりと、ちーちゃんが出演する可能性の高い公演を毎度推察しながらそこを狙って投げてもいたのだ。
だが抽選無しで良席という利点がなくなった以上、もはや県外枠には何の価値も見出せない。
もっとも…
過去に遠方枠に数十回申し込んで当たった事など一度も無いから、元々が空気みたいなものなんだけどね( ̄▽ ̄;)



⑤お見送りはステージ上にて、前方席から
これはNGT劇場と同じ方式ですね。先日の出張公演でのお見送りが神イベント体験だったから、これについても大歓迎だ。



⑥ロッカーが無く荷物は手預け、終演後に荷物を引き取るのに時間がかかる
これは日帰り強行遠征ヲタにはガクブルものでしょうね。福岡空港または周辺のロッカーに預けるなどの自衛策が必要になってくるのだろうか。
私の場合日帰りはあり得ないから、番号指定買いが出来ないことを併せて考えると、投宿するホテルに先にチェックインして荷物を預けて手ぶらで劇場へ、ということになるかも知れない。
その場合、ヲタT着用+ペンライト持ちという格好で天神のど真ん中を歩くことになるのか。おしゃん!wwwwwwwww

でもこれをやろうとした場合、これまでだったら投宿するホテルの場所は博多駅周辺から赤坂の辺りまで何処でもよかったのだが、博多駅博多口近くという場所にこだわる必要が出てくる。それはそれで面倒だな…



⑦立ち見は神席
52ae16c9160430.jpg
どうもそういう事らしいですね。ケツ派にはいいらしい
先日も書いた通り神席がそれぞれの好みによって分散するのは良い事だ。これならば10巡目くらいまでなら、(特に単番なら)予想外に良い場所に座れた、なんていうことが頻繁にありそうだ。





今の時点ではこんなところだろうか。これから公演を重ねる毎に色々な事が見えてくるのだろうし、問題点も浮き彫りになってくるのだろう。
ステージも客席も周辺環境も、立地が悪いこと以外には欠点が見当たらなかった素晴らしい旧HKT劇場とどうしても比べてしまうフシが我々ヲタにはあるが、間借りの制約の中で本当によくやっていると思う。
あとはとにかく公演頻度の確保だろう。とにかくこれを死守しないことには何も始まらない。

それから入居しているソラリアステージと良い関係を築けるかどうかも大事だと思う。それにはむろんヲタの良識も求められる。公演がある日は発券してから入場抽選までの間多数のヲタがビル内を徘徊(?)することになるわけでしょう。同居の飲食店などは増客が見込めると喜んでいる部分もあるのだろうが、HKTの現場の民度の低さを考えれば、この先問題を起こす馬鹿が出てくるに決まっている。
生誕祭の演出や準備をしっかりやれるのか、入場抽選の待機の際に十分な場所を使わせてもらえるのか、問題が起こればそのあたりにも影響が出る可能性だってある。
個人的にはソラリアステージの一つ下くらいの階に公演終わりにすぐに飲める居酒屋を開店させて欲しいのだがw

あとは…立見席をケツ見席、Bステを中州と呼ぶのが定着しそうな悪寒wwwww





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■チームHシア女公演の初日に思うこと

今日は遂にチームHシア女の初日でしたね。ちーちゃんそしてチームHのみんな、お疲れ様でした^^
だが、移転初日の記念公演の時にもまったく同じ事を書いたが、敢えておめでとうとは言わない。いや言いたくても言えない。お前は毎度そんな事ばかり言っているなと思われそうだが、私だってこんな事は出来れば言いたくないのだ。

だってチーム間で演目を入れ替えるだけだなんて、こんなものはただの手抜きでしかない。
ただでさえお下がり公演の使い回しをするしかないグループだというのに、ならばせめてHKTが一度もやったことがない演目に挑戦すべきだ。だが一体これは何だ。しかも半数のメンバーが過去の助っ人出演でこのシア女公演の経験があるのだ。

6a473a6e160503.jpg
私自身、チームKⅣのシア女公演を劇場に三回観に行ったことがある。DMM配信で通しで観たことも何度かある。いくら違うチームとはいえHKTのメンバーがこの演目をやったところで何の新味も無く、楽しみといえばKⅣのシア女と見比べること、これまでと違う衣装を着るちーちゃんの姿が見られることくらいで、わくわくと初日を待ち望むような気持ちは殆ど湧いてこなかった。頻繁に劇場に通っていた人なら尚更だろう。

だがこのような観る側の問題よりもさらに深刻なのがメンバーにとっての問題だ。
これについては以前の記事で詳しく書いたので譲るとして、KⅣにも最ベル公演への助っ人出演経験者が何人もいるわけで、端的に言えば演目の切り替えなどでは役不足でメンバー達にとって大した負荷になっていないのだ。
しかも今回メンバー達には十分な時間があったというのに。さらに言えばHとKⅣの二チームは今既に完成された状態にある。演目を交換して振り入れするなど彼女達にとって朝飯前だろう。

間借りで公演をしなければいけない状況に追い込まれ、その西鉄ホール公演ですら今後どのくらいの頻度で出来るのかも見えてこない。そんな今こそ困難な課題に挑戦して技術的にも精神的にも引き締めて、メンバー個々もチームも、そしてグループ全体としてもさらに高いレベルを目指さなければいけない筈の時なのに、これではステージの上の彼女達も観る側も間延びしてしまう。

8ba54b65-fec1-493c-a3b6-78f6d6d24a08160503chihiro.jpg
これまで秋豚と運営どもは星の数ほど悪行、愚行を積み重ねてきたが、それらは二つの型に大別出来た。
一つは新公演詐欺や大組閣のように、明確な目的と悪意が感じられるもの。
そしてもう一つはアリーナツアー初日の開演遅れやHKTメール初日の大混乱に見られるような、単に無能、馬鹿だから起こったものだ。
ところが今回の演目入れ替えはこのどちらにも当てはまらない。どうしてこんな事をしたのか、どうにも理解出来ないのだ。手抜き、怠惰と言ってしまえばそれまでだが、しかしこれまでとは何だか方向性が違う。
メンバーには十分な時間はあった。新しいレッスン場や楽屋の準備もきちんと出来ていた。あとするべきことはダンスレッスンの手配と衣装の手配なのだろうが、これまでのグループの実績からしてそれが難しかったとは考えにくい。返す返すも不思議である。何故このように茶を濁す結果となったのか。

だがそんな風にいつまでも不思議がっていても仕方がない。専用劇場はもう無い。チームKⅣは15人のまま。チームTⅡは10人だ。出張公演は時間を前後して旧演目で行われる。あれも暫定、これも暫定。もうこれまで以上に割り切りと諦念を持って接しなければついていけない。それがヲタ卒し損なった亡霊の宿命と呑み込むしかないのだ。



さて、今回も不満に思う点をあらかた先に吐き出してしまった。最近こうでもしないと見ていられないのだ。
明日は休みなので気分をがらっと切り替えて、今日の公演のアーカイブをじっくり観てチームHの輝きを見定めたいと思います。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■改めて、チームH「シアターの女神」公演初日を観ての感想

初日公演を観ての感想、などと言っても華麗に落選したのでDMMでアーカイブを観ただけです(^_^;
そして今回の二チーム間での演目入れ替えについて思うところは昨日の記事に書いたので、ここではのーてんきにヲタ的な感想を述べていきます笑
まず感じたことといえば…

1284.png
なんかウケるwwwwwwwww
これが正直な感想だ。何がウケるのかといえば、違和感が物凄いから。もう二年もやり続けたものだから頭の中では完全にシア女=KⅣだからだ。
まあこればかりは慣れの問題だろう。
Π量不足も違和感の原因か

1281.png
注目のポジションだが、何となこがセンター!そして個人的にはこの公演ではセンターよりもおいしいと思っている柏木ポジがみくりん
このポジション割りについては色々と思う事があって長くなってしまうので、後日別の記事でまた書きます。

1286.png
ちーちゃんのユニットは嵐だった。
過去にやったことがないユニットをやって欲しかったからこれは少々残念だった…
しかし初日ということもあるので仕方ないとも言えるだろう。ユニット割りは以下の通り。

 初恋よこんにちは(上野、田島、駒田)
 嵐の夜には(穴井、井上、神志那、田中美)
 キャンディー(宇井、松岡菜、矢吹)
 ロッカールームボーイ(秋吉、岡本、坂口、田中菜、若田部)
 夜風の仕業(兒玉)

ちなみに以前の記事でユニット割りを予想していたのだが、その中の「鉄板編」として挙げたのがこれ。

 初恋よこんにちは(井上、駒田、田中美)
 嵐の夜には(穴井、兒玉、坂口、松岡)
 キャンディー(秋吉、上野、矢吹)
 ロッカールームボーイ(岡本、田島、田中菜、山田、若田部)
 夜風の仕業(神志那)

豪快に外してる割にはちーちゃんの嵐だけ的中しとるっちゃんね( ̄▽ ̄;)
そんな中「キャンディーのセンターはなこ」というのは読み通りだったのだが…

1287.png
両脇が色気あり過ぎてワロタwww
三人で作るユニットということで考えれば拭えないコレジャナイ感…初日を手堅くいくならましろなつこそは嵐だろw

まあそんなちーちゃんのユニット割りも含めて演目自体には何の新味も感じられないから特に言及することもなく、一番の楽しみはやはり初めてシア女衣装を着てパフォーマンスするちーちゃんの姿。

1277.png
1278.png
1282.png
1288.png
1291.png
1293.png
1294.png
まったくちーちゃんは何をどう着てもかわいいなー(*´д`*)
そういえばこのセトリは前半曲で三枚の衣装を重ね着していて、徐々に脱いでいくのだが、曲の途中で半数のメンバーがハケて衣装替えをして次の曲の頭で出てくるというのがご存知劇場公演の伝統芸だが、西鉄ホールの構造上の問題なのか、どうもそれが出来ないらしい。
それで「愛のストリッパー」の最後の方で、まだ曲が終わっていないうちに赤いドレスをメンバーが少しずつ脱いでいったのだが、これがやけにエロいではないか(^_^;

1280.png
しかもこの場面でちーちゃんを固定アップで抜いたDMMのカメラ超有能!
これはGJでござる( ̄▽ ̄)

1285.png
そんなカメラの有能ぶりとは対照的に、大切な初日のMCでキャプテンを務める某メンバーのポンコツぶりが全開で炸裂していた!ww

1292.png
中でも終盤MCでの円陣間違いは過去の百を超えるポンコツ伝説の中でも間違いなく上位wwwwwww



それから今回気付いたのは、最ベル公演よりもシア女公演の方がちーちゃんの良さがより発揮されるのではないかということだ。
ちーちゃんのダンスといえば体を捻るところや指先などの柔らかくしなやかな動き、ひらりと舞うような軽やかさで動きを返すところが何といっても魅力だが、激しくガシガシ踊る曲ではいまいちこれが分かりづらい。

そしてもう一つ、こういった動きだけなく、ちーちゃんは動きを止める瞬間や立ち姿がとても綺麗なのだ。動だけでなく静も魅力的だということですね。特に真っ直ぐ立っている時の姿は背中に鉄の棒でも差してるんじゃないかというくらいに美しく、バレリーナって凄いんだなと感心させられる。

1279.png
1289.png
「愛のストリッパー」や「嵐の夜には」、「サヨナラのカナシバリ」のように緩い動きや止めの場面が多くあるシア女公演の方がそんなちーちゃんの魅力がより伝わるような気がした。いずれにせよ早く劇場に入って見てみたいものだ。

最後に、皆が気になっていたであろう「チームH推し」の決め台詞だが、ちーちゃんは「嬉ちーちゃん」だった。「ポンコツキャップ」でほぼ間違いないだろ、と思っていただけに意表を突かれて悔しいwww
さてここで問題になるのはコールをどうするかだ。「♪あなたは今日でちーちゃん推し」からの流れとノリでつられて「ちーちゃん!ちーちゃん!」と声が上がりそうだが、どうもこれには違和感が( ̄▽ ̄;)
ちーふぁむ的にはコールは「ちひろ!」しか考えられないんだけど…

あとは若ちゃんの「放送席、放送席~」はくっそワロタwwwwwwwww

6ba688c7.jpg
※画像と本文とは一切関係がないかも知れません





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■まさかのお呼ばれ

securedownload160505a.png

超が付くくらいダメモトで投げたこの公演の遠方枠に、まさかの当選です!((o(゚∀゚)o))
今の時点では出演メンバーはまだ発表されていません。だからちーちゃんが出るかどうかは分かりません。いや、出る可能性はきわめて低いと言えるでしょう。

それでもこれに投げたのは、偏に先日の新潟遠征の時と同じ理由によります。即ち、福岡まで遠征するのは時間も交通費もかなり嵩むので、推し不在の公演ではそうそうは出来ません。
しかし福岡よりも遥かに近い名古屋だったら、ちーちゃんが出なくても「HKTのただ恋公演が観たいから」という軽いノリで行けます。新潟までと名古屋までだと実際のところ所要時間も料金も似たような感じなんですよね。

というわけで…
憧れの遠方枠!(笑)
遠方枠様に人生初当選!
抽選なしで良席とか素敵過ぎる…
それにしても、かつて旧HKT劇場の遠方枠に数十回投げて全落だったのに、初めて投げたSKE劇場の遠方枠に一発目でいきなり当選するとは、どんだけひねくれてるんだ俺のチケセン垢はww
(それとも「遠方枠は新規優遇」の都市伝説はどうやら本当なのか…)
ともあれ、SKEモバイルには入っていない私。NGT劇場の時に続いて無料枠だけ投げるという都合の良い奴をまたも呼んでくれるなんて、ただただ感謝しかないですm(_ _)m
しかもまだ十日先の事だから「ぷらっとこだま」が手配できるっていう。遠方枠神!笑

DSC02598.jpg
初めてSKE劇場に入れるというのも地味に楽しみです。
(こうして目の前まで行ったことはある。これは自分で撮った写真です)
そういう志向は全然なかったものの、こうなるとNMB劇場にも一度入ってみたくなるよねw

SKE48劇場座席図160505

そしてSKE劇場の座席図を拾ってみたのだが、これを見ただけで広過ぎないし観易い良い劇場だというのがすぐに分かる(^^)
遠方枠は4列目か5列目のようだ。
…なんだかHKTのただ恋がどうのとか初めてのSKE劇場がどうのとかよりも、遠方枠で公演に入ることが一番の楽しみになってる(爆)

もし…
もしこれで…

chihiro151213a.jpg
もしちーちゃんが出演したら超絶スーパーウルトラ神展開なんだけどね。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■神席は最前かBステ前か

f9690a1f-4dc7-437c-b6bd-5b33e125f74f160503.jpg
チームHのシア女公演初日の配信を観てもっとも印象に残ったこと、考えさせられたことについて書いてみたい。
それは、神席は最前列とBステ前どちらなのか?という疑問だ。
私がBステを使った演出を好ましく思わないのは前述のとおりだが、シア女初日を観た限りでは一応最低限の分は弁えているというか、乱用はされていないと感じた。嫌悪感を抱く程ではなく、限られた条件下でよくやっているという印象は変わらない。

しかし、メンバー全員がBステに行ってしまって視界からメンバーがいなくなり、後ろを振り向くしかないという前方ブロックが強烈に干される時間は何とかならないものか。
本来神席である筈の前方ブロックなのに…とかいう次元でなく、そもそもどの席であろうとも視界からメンバーがいなくなる時間があっていい訳がない。
おまけに振り向くとDMMに豪快に晒されるっていう(笑)
アーカイブを観ていても、ニヤニヤしながら晒されているおっさんヲタや良いところでメンが後ろに行ってしまって憮然としているヲタが晒されてて気の毒ながらも笑っちまうんですけどwww

まあ私は晒されても何ら問題は無いのでこの事はどうでもいいとして、目の前からメンバーがいなくなり、振り返ったところで背中しか見えない時間があるというのはやはりおかしい。
さらに大きな問題なのは、このシア女公演においてもっとも重要な二つの場面でこれが起こっているということだ。
公演の見所、楽しみ方はもちろん人それぞれだろうが、私の場合「シアターの女神公演で一番おいしいところ、最大の見所はどこか?」と問われたら即答出来る。
それが「シアターの女神」の落ちサビに入る瞬間と、「好き好き好き」の落ちサビだ。



「シアターの女神」の落ちサビは、実はセリ上げありきの場面だ。以前の記事にも書いたのだが、シア女公演の魅力は何といっても明るく派手なところ、煌びやかなところだ。

1276.png
その象徴が他ならぬ表題曲のこの「シアターの女神」なのだが、落ちサビに入る瞬間メンバー達が動きを止め、決めポーズをとったまま16人全員を乗せたステージ全体がゆっくりとセリ上がっていく。初めてこれを見た時は余りの素晴らしさに衝撃を受けた。ぞくぞくした。
実を言うと私は、昔はセリ上げを「無いよりはあった方がいいが、所詮は虚飾」と低く見ていたのだ。だが劇場でこの場面を見て、自分がいかに浅はかであったかを知った。

以後私は公演でのセリを使った演出に特に注目するようになり、そしてAKBの劇場公演でのセリ上げがいかに緻密に計算されたものかを知った。そしてこれが大好きになった。

1283.png
ところが残念なことに、本当に残念なことに西鉄ホールのステージにはセリが無い。だからその代わりにBステを使った。そしてこのように前列のメンバーは腰掛けている。これによってこの場面で何より大事な「立体感」を演出しているのだ。これには拍手を送りたい。これが限られた条件の下で本当によくやっていると感心する理由である。

だが、このとっておきの瞬間を前方席からは見ることが出来ないのだ。大変な思いをして首を捻って、派手に晒されて、ケツを拝むのがせいぜいである(笑えない)

1290.png
そして「好き好き好き」の落ちサビもまったく同じだ。メンバー16人が全員Bステにやってきて、前方席のヲタは完全に干されている。

「好き好き好き」の落ちサビは「シアターの女神」の落ちサビのように極めつけの場面という程の印象はないが、別の問題がある。それが生誕祭だ。
ご存知の方も多いと思うが、シア女公演での生誕祭の最大の見せ場といえばこの「好き好き好き」の落ちサビでの8連コール。ここはヲタならば命を懸けなければいけないところだ。
(歴代のKⅣメンの卒業公演でのコールは、ホークスタウンが揺れているんじゃないかというくらいに凄かった…)
それなのに、ここで視界に推しメンの姿が無いなんて、少なくとも私だったら生誕祭に限って言えば前方席こそが最悪の干され席だと断言出来る。

こうなってくると、1巡や2巡の推され巡で呼ばれた時、最前列とBステ前の列どちらを選ぶべきかという問題が出てくる。
ここで鍵となるのがBステ前の列からメインステージのメンバーまでの距離だろう。こればかりは実際に劇場に入ってみないことには、配信で観てもピンとこない。近いと感じるか遠いと感じるかも人それぞれだろう。

hkt48theater-fukanzu160504.jpg
だが一つ参考に出来るものがある。前方ブロックは4列だ。そして最前列とステージは接するほどに近い。となれば、Bステ前からメインステージまでは旧HKT劇場のE列くらいの距離感なのではないか。
西鉄ホールはステージの横幅が広く天井も高いので画面で見ている限りではもっと遠いように見えるが、実際にはこんなものではないだろうか。もしそうだとすれば、私だったら1巡で呼ばれてもまっすぐBステ前へ行くな!
とはいっても…過去の抽選の実績からして後方ブロックしか選びようがない予感しかしないんだけどね(´・ω・`)
捕らぬ狸の皮算用。

そういえば…

1295.png
Bステ前の方が良いと思うのはちーちゃんが紙飛行機を投げる時にBステに居たからというのもあるな(笑)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR