■2016年07月

■天命は授かった、あとは人事を尽くすのみ

まったく二日連続でこう胃が痛くなるイベントは勘弁して欲しいな…

chi-haru160701.jpg
というわけで今日は今日で事実上のちーちゃん卒コンとなる7月11日のツアー初日の当落発表でした。



(´;ω;`)
11日も12日も落選…

























からの!!

(ここから既視感全開)


3104さんと申し合わせて二枚ずつ投げていたのですが、卒業公演に続いてまたも当てていただきました!
サンパレスといえば、九ツ千秋楽も当ててもらって乗っかって行ったんだよなあ(´-`).。oO(
流石の豪腕です、3104さん連日本当にありがとうございますm(_ _)m

公演の方を当ててもらった分、本当はこっちは自分が当てなければいけないところなのに、弱い…orz
これはひょうたん寿司で五皿+しょうがドリンクを奢らねばいかんやつや。



DSC06540.jpg
さて!
ともあれこれで、
4日の卒業公演
11日の卒コン
そして30日の最後の握手会

ちーちゃんの最後の姿をしっかりと見届け、輝かしい未来へ向けて送り出す全ての準備が万端に整いました!
この状況を得られたことに本当に感謝します。
そして感謝する一方で、こんなことも思います。HKTがメジャーデビューする前から三年半以上に渡ってちーちゃんを見守り、応援してきて、それで最後の舞台に参加する一員として選ばれるべくして選ばれたと、誇らしい気持ちにもなるのです。胸を張って現場に入りたいと思います。
(人に当ててもらっておいてそこまで言うww)
もちろん3104さんには何と感謝していいのか、言葉が見付かりません。

今日の乾杯の言葉は、、
かんぱいざ出陣!





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





■最後は笑って楽しみたい

DSC06922.jpg
昨日はこんな所へ行っていた。
MUSIC DAYを観覧していたわけでも、握手会の日取りを間違えたわけでもございません(笑)
てかまさかちーちゃんとニアミスしていたとは…後から知った。

DSC06923.jpg
DSC06925.jpg
行ったのはもちろんここ。そして俺達のマリーンズが完封勝利!(゚∀゚)
まあ勝ち負けのことはともかくとしても、なんというかもっとしみじみと、とにかく楽しかった。

何故そんな気持ちになったのだろうと考えてみたら、その原因は最近のヲタ活にあった。
本来ヲタ活なんていうものは、ただただ楽しいものであるべきだ。そして自分にとってアイドルの価値とは、ヲタ活の意義とは何かを考えてみた。
若くてかわいい女の子は見ているだけで幸せになれる。一番の大元、根本にあるのはきっとこれだ。

だがここ最近、ヲタ活はただ単に楽しいものではなかった。
ちーちゃんの卒業発表を受けて、そして卒業公演や卒コンの申し込みなど、悲しんだり寂しい思いをしたり前向きな決意をしたり緊張したりと、何かと神経を擦り減らす重いものになっていたのだ。
もちろんそれが悪い事と言っているわけではない。そしてちーちゃんの将来の夢が具体的なものであったことは心から嬉しかったし、公演も卒コンも参戦出来ることにも歓喜した。

chi-haru160701b.jpg
しかしもう、ただ能天気に楽しめるものでなくなってしまったのも事実。昨日は野球場で久々にその感覚を味わうことが出来て、精神を弛緩し、解放することが出来た。本当の意味での余暇を味わうことが出来た。
これが昨日の観戦がしみじみと楽しかった理由だ。

卒業公演と卒コンで、その時になってどういう思いが去来するのか、終演後にどういう気持ちになるのか、感情が複雑過ぎて自分でもまったく予測出来ないが、少なくとも終わった後に「楽しかった」と思えたらいいな。
きっとそれがちーちゃんの望みでもあると思うから…





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





■博多遠征記(一日目)

とうとうこの日が来てしまった…7月4日に行われたちーちゃんの卒業公演に行ってきました。

DSC06933.jpg
はい、今回も超絶TOを務める俺ののぞみ23号たんで博多へ向かいました。
またなのか!と言わないで下さい( ̄▽ ̄;)
ちゃんと理由があります。

劇場が西鉄ホールに移転してホークスタウン時代よりも博多駅からずっと近くなり、何よりチケットの番号指定買いが出来なくなりました。加えて、移転して暫くの間は16時だった会場時刻も16時半に繰り下げられました。この列車よりも一時間半くらい遅い列車で丁度良いくらいです。
しかし今回に限ってはもちろんそんな理屈は通用しません。
劇場ロビーには写真に撮りたいものも色々とあるだろうし、気持ちをゆっくりと整理して落ち着いて入場したい。そして何といっても前回の山陽新幹線1時間37分遅延事件の恐怖があります((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


securedownload160704a.png

この日も起きてまず(本当に目を覚ました次の瞬間)やった事といえばこの頁を見たことでした。
しかも東海道新幹線ではなくまず山陽新幹線を見るっていうw
完全にトラウマです(笑えない)

結果としては今回はちゃんと定刻に博多駅に到着、また列車はいつにも増して空いていて隣席に人が座ったのは名古屋~京都間だけで、快適に移動出来ました。

securedownload160704b.jpg
車内では爆予習なども。Bメロなど地味なところでちひろコールが打てる箇所を改めて完璧に把握するためです。

この日泊まったホテルは中洲川端駅のすぐ近くだったので、まずチェックインして必要な荷物だけ持って劇場へ行くことにしました。
寂しい気持ち、悲しい気持ち、卒業公演に入れる喜びと感謝、絶対に良い公演にしたいという決意と責任感、特別演出が楽しみな気持ち…様々な感情が複雑に入り乱れてただでさえ心が穏やかでないのに、それを助長する出来事が待っていました。

DSC06951.jpg
中州川端駅の出口の階段を上って地上に出ようとした時、まず飾り山が目に飛び込んできたのです。

DSC06934.jpg
劇場公演に海中…ああ、そういえば去年も一昨年も山笠の季節にこうやってHKTのために博多へ来たなあ。あれからもう二年。なんて時の経つのは早いのだろう。そして博多の町が一年で一番熱くなるこの季節にちーちゃんは去って行くのか…

そんな思いが頭の中をぐるぐると回ります。こういう入り乱れた気持ちを一旦落ち着かせて公演に参加するためにも、十分に時間に余裕を持つことが必要だったのです。

DSC06942.jpg
16時過ぎにはもう西鉄ホールに着きましたが、既にロビーは多くの人でごった返していました。流石に普段の公演とは違います。
そしてここで3104さんと落ち合いました。改めまして今回はありがとうございました^^

DSC06939.jpg
DSC06936.jpg
ロビーに置かれた花。

DSC06935.jpg
DSC06940.jpg
劇場公演で企業からも花が届くのはよく考えると凄いですね。

DSC06938.jpg
DSC06937.jpg
DSC06941.jpg
卒業公演はメンバーとファンの真心と愛情で満たされた本当に素晴らしい公演でした。終生忘れられない思い出となるでしょう。
単に抽選に当たった、公演に入れたということだけでなく、今はあらゆることに対して感謝の気持ちしかありません。詳しい事はまた公演レポにて。

終演後は3104さんと天神の居酒屋で飲んでから解散しました。
最後に蛇足ですが、中州川端駅の近くのホテルに荷物を置いて劇場まで15分くらい歩いて行ったのですが、余りの暑さに死にそうになりました。
ここ数日で暑くなってきたし関東も暑かったのですが、根本的に日差しの強さが違う。福岡へ行くというと「西へ向かう」という印象ばかりが強いですが、実は緯度もかなり下がっているんですよね。福岡市だって東京で言ったら三宅島と八丈島の中間くらいの緯度だからね…





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





■博多遠征記(二日目)

二日目は内容が薄いのですが一応報告しておきます。

これまでは公演を観た翌日は、折角わざわざ福岡まで来たのだから公演を観ただけですぐに帰るのは勿体ない、という思いであれこれネタを見つけてはうろつき回り、小倉の居酒屋で飲むなどして遅い時間の新幹線で帰京するのが常でした。

DSC06954.jpg
しかし今回は博多駅を正午に出る新幹線で明るいうちに帰って来ました。幾つかの理由があります。

まず六日後にまたすぐ来るということ。有り難い話です。博多の町のあちこちに飾り山が出ていますが、中にはまだ準備中のものも幾つか見かけました。11日に来た時はそこに立派な飾り山が置かれているかと思うと楽しみです(´∀`)

chihiro160704a.jpg
卒業公演で受け取ったものが大き過ぎて色々な思いで頭の中が一杯になってしまい、次の日に余り何かをしようという気分になれなかったのもありましたね…
あとはここまでずっと忙しかったし、この先も七月は忙しいんです。サンパレスの卒コンに30日の最後の握手会、折角これらに参加出来る幸運を手にしたのに、体調を崩して棒に振るなんてことは絶対にあってはなりません。
この日は早めに帰って自宅でゆっくり休むことにしました。

あとはより現実的な話をさせてもらうならば、福岡が本当に暑くて暑くて。こんな日に余計に動き回るなんてもはや変態プレイと言える程の暑さでした(笑)
西日本は猛暑、東日本は涼しいなんて予報を見たら尚更でしたね。

DSC06953.jpg
ところで博多駅の新幹線改札をくぐるとこんな物が…
「九州はJR九州なのでは??」と思う方がいるかも知れません。在来線においてはその通りなのですが、実は新幹線だけは博多までがJR西日本、博多から鹿児島までがJR九州なのです。ややこしいでしょw

まあそれはともかくとして、ちーちゃんの夏旅応援団選抜としての仕事は何も無いまま終わってしまった…(´・ω・`)

DSC06956.jpg
あとはこれ。
漫画アクションを買って新幹線の中でちーたんのグラビアをでゅふふ…などと思っていたら、福岡のコンビニではまだ売られていなかったっていう( ̄▽ ̄;)
やけん帰って来て自宅の近くで買ったとw

それにしても記念すべき初めてのソロ表紙だというのに、卒業公演の翌日が発売日とはなんて皮肉な…










おまけ:
このブログでもおやすみの言葉を書きます!
などと言っておきながら二日目にいきなり乾杯の言葉に変わり、それから朝更新をしたり、昨日は豪快に忘れた。
なんだかんだで一回しか書いてないwww

続けるべきなのか?
それともおやすみの言葉ではただの真似なので乾杯の言葉にすべきか。
迷う。
というわけで結論を先延ばしにしたまま今日のおやすみの言葉は、、
おやす未開の蛮地!





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





■2016年7月4日、チームH「シアターの女神」穴井千尋卒業公演(その一)

ありがとうが溢れ出す。ありがとうを互いに交わす。
こんな素晴らしいことがあるだろうか。この卒業公演に入れたこと。一員となれたこと。単にそれだけではない。あらゆることに対する感謝の気持ちで一杯になる、そんなひとときだった。最高の卒業公演だった。

当日のロビーの様子は遠征記でお伝えしたので、先ずは引き出物を紹介。

DSC06961.jpg
冊子と、それに挟み込む形で卒業公演の演出を説明した紙が一枚。タバサが描かれた団扇。それから終演後に返却だったのでここには写っていないがペンラが一本の、計四点。

DSC06962.jpg
団扇の裏面は留学を応援する絵が描かれた素晴らしいもの。
委員の皆様、ありがとうございました。

冊子の内容はちーちゃんのこれまでの活動年表と、思い出の写真の数々、それから握手会での私服コレクションといったものだった。

DSC06941.jpg
素晴らしい公演だったのだが、一つだけ残念なことがあった。この際だから先に吐き出してしまおうと思う。
(読みたくない人は飛ばして下さい)
前回の公演に入った際、開演前の劇場係員の喋りが軽妙で面白いと褒めたのだが、今回はまるでいただけなかった。
この日の公演に入れたちーふぁむは、それぞれが胸に複雑な思いを抱いてやって来た。それは一人一人少しずつ違ったものであり、そして何より、一人一人にとってかけがえのない大切な気持ちである。
また、同じくらい強い気持ちを持って申し込んだけれど落選してしまった人だっている。

だから、この日の公演に入れたことや、ちーちゃんの卒業公演がいよいよ始まろうとしていることについて、安易に何かを言うべきではない。
私の斜め後ろに座った人からも「お前に何が分かる」という一言が聞こえてきた。連番の人に対して冗談めかして言った気配だったけれど、まさにその通りだと私も思った。お前に何が分かる。
しかし、プロデューサーや支配人があのような連中だということを考えれば、これも合点がいく。発言が安易、軽率というのはこのグループ全体の体質なのだろう。
そもそも開演前の係員の喋りなど、そんな余計なものは要らないのだ。旧劇場ではそんなものは無くて、皆静かに開演を待っていたではないか。
西鉄ホールへ移転した直後ならば、旧劇場との違いや新たな注意点を説明するのは大事なことだったと思うし、それを面白おかしく伝えるのは何も悪いことではない。だが今や、なるべく多くの人を先ず一回ずつ当選させるのも終わったように見える。それが証拠に二回目の当選の知らせもちらほら聞こえてくるし、16時だった開場時刻も16時半に改められた。ならばこんな自己満足のような前説は廃止した方がいい。

だが、この後そんな些細な不愉快など一瞬で塗り潰すような時間が始まった。だから嫌な事はここまで。







DSC06960.jpg
さて、チケットの番号は94番だった。
入場抽選は…

securedownload160704c.jpg
17巡(´・ω・`)


西鉄ホール座席図ブログ用160704a

座ったのはここ。後方センブロ6列目、上手から3つ目の席。右隣が3104さん。
巡目の割には思ったより良い席に座れた!というのが素直な印象だ。前回の席ともそう変わらない。特に左右の軸は文句なしの位置だ。
まあキャンセルが少なかったから一人もいない巡目とかも実はあったのだが



≪2016年7月4日、チームH「シアターの女神」穴井千尋卒業公演 出演メンバー≫
秋吉優花・穴井千尋・井上由莉耶・宇井真白・上野遥・岡本尚子・神志那結衣・兒玉遥・駒田京伽・坂口理子・田島芽瑠・田中菜津美・田中美久・松岡菜摘・山田麻莉奈・若田部遥

≪同セットリスト≫
影アナ:穴井千尋

0.overture
1.勇気のハンマー
2.隕石の確率
3.愛のストリッパー
4.シアターの女神
MC(自己紹介)
5.初恋よこんにちは(上野、駒田、田島)
6.嵐の夜には(宇井、神志那、坂口、山田)
7.キャンディー(井上、兒玉、松岡菜)
8.ロッカールームボーイ(秋吉、岡本、田中菜、田中美、若田部)
9.夜風の仕業(穴井)
MC(穴井、兒玉、田中菜、松岡菜、若田部)
10.100メートルコンビニ
11.好き好き好き
12.サヨナラのカナシバリ
MC
13.潮風の招待状

アンコール

EN1.オネストマン
EN2.チームH推し
MC(VTR上映)
EN3.僕たちの紙飛行機
穴井千尋卒業挨拶
EN4.支え(出演メンバー+矢吹奈子、山本茉央、今田美奈、植木南央、熊沢世莉奈、下野由貴、深川舞子、宮脇咲良、村重杏奈、本村碧唯、森保まどか)

1390.png
幕が開くと、一曲目の歌い出しからいきなりちーちゃんが涙ぐんでいるではないか。
いきなり泣いていて持つのか、大丈夫なのかと思う一方で、そんなちーちゃんの姿を見て私はある大事なことに気付かされたのだ。

劇場公演が原点。一番大切なのは劇場公演。
そんな言葉を何十回と聞かされるうちに、特に出演の少ない人気メンバーの口からそう言われると、いつしかそれを素直に受け取れなくなってしまっていた。
そしてこの日は、前代未聞の「まだコンサートがあるのに先に卒業公演」という特殊な事情もあった。
だから私は開演前に、これが最後ではないから、まだ来週の卒コンがあるから、どうも最後という感じがしない、卒業公演の緊張感がないなどと感じていた。

1391.png
しかし頭の曲から涙するちーちゃんを見て、ちーちゃんは、そして他のメンバーも皆、そんな事はこれっぽちも思っていないということを思い知らされた。
幾らまだコンサートがあろうと、握手会があろうと、大切な劇場公演はこれが最後。そんな万感の思いを胸にちーちゃんはステージに立っていた。自分の考えがいかに愚かだったかを一瞬で悟った。

実はちーちゃんが曲中に一番泣いていたのはこの一曲目の勇気のハンマーの時で、その後は持ち直した感じだった。
このことで大切な事に公演の最初に気付くことが出来たのはよかった。より背筋が伸びて、緊張感を持って、ちーちゃんの最後の公演の姿をしっかり胸に刻もうという気持ちになれた。

1392.png
1393.png
ちーちゃんは持ち直し、自分は気を引き締めて、歌い踊るちーちゃんから一瞬も目を離さずにその姿を目に焼き付ける。
卒コンでどのような席に当たるかは分からない。少なくともこの距離で見られるのはこれが最後なのだ。

この日のちーちゃんもこれまでと変わらず、踊りはひらひらと美しいし、果てしなくかわいかった。

1396.png
頭から泣いていたということで言えば、他の一期生の方が大変だった。特になつみかん若ちゃん
この二人は自己紹介の順番が最後だったのだが、自己紹介が始まったところからずっと泣いていて、話すのもやっとという感じだった。

1394.png
はるっぴも浮き足立っていて、センターで挨拶をする役だったのだが曲紹介を忘れてしまったり、ユニット曲でキャンディーを取り忘れたりしていた。

1395.png
さてちーちゃんは、自己紹介で懐かしのキャッチフレーズ「博多のクールビューティー目指すっちゃん」を披露。
客席は大いに沸いたのだが、私は単に卒業公演だから特別にやってみた、という以上の事を感じて胸が一杯になっていた。

これは深読みかも知れないが、ちーちゃんはこれから自分のデザインした服でブランドを立ち上げる、店を経営するという大きな夢へ向かって行かなくてはならない。それを実現するにはむしろこれから「博多のクールビューティー」にならなければいけないでしょう。そこへ向かっての決意のように聞こえた。
高校一年生でアイドルになったばかりの少女が何気なく思い付いたキャッチフレーズだったかも知れないが、人生のすべての事は巡り、繋がっている。暗示のようなものだったのだ。

DSC02705.jpg
初めてHKT劇場で博多レジェンド公演を観た時、ちーちゃんはまだこのキャッチフレーズを使っていた。
あれから三年。劇場も変わり、二十歳になったちーちゃんの卒業公演に入り、まさかあの頃からの事をこうして振り返る時が来るなんて思わなかった。

(つづく)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR