■懐古活が順調な件

1434.png
DMMは七月で解約したから、あれ以来配信の画面越しというのも含めて劇場公演というものを全く観ていない。そして長いこと習慣になっていたメンバーのぐぐたすを読むことも、少し前にとうとう止めてしまった。
(誰かが「夢ひとつ」のオフショットを上げるかも知れないから9月6日と7日だけまた巡回したけど)
これによってHKTに関する最新の情報はもう私の中に入って来なくなった。上書きされなくなった。
そんなものちょっとネットを漁れば幾らでも入って来ると思われるだろうか。私はそうは思わない。劇場公演を観たりメンバーのぐぐたすを読むことによって自分が肌で感じる「最新の情勢」に対して、ネットを介して入って来るものなんて他人の手によって切り取られ、記号化された、「断片的な情報のようなもの」でしかない。
何が言いたいのかというと、私の中でHKT48が完全に過去のものとなったということです。

これによって浮いた時間を何に充てるか。他の趣味や読書に使う時間を増やす、或いはこれまでよりも仕事に打ち込む…などと言いたいところだが、私には心残りがあるのですね(^_^;
それが「バラエティ48」と「ごぼてん」を観てこられなかったこと(笑)
私の住む関東ではテレビで観られなかったのだから仕方ない。

1433.png
というわけで(余り大きな声では言えないけれど)最近はこの二つの番組を拾って観進めている。
が!ここで一つ問題が。
当初はちーちゃんが出演した部分だけを拾って観るつもりだったのだが、全部観ちゃってるという( ̄▽ ̄;)
だってJK2の頃のあおいやさくらがかわい過ぎるんだもの

まあこれも半分冗談のようでいて冗談ではないとも言えるのだ。
特に「ごぼてん」は危険だ。
見つけるきっかけになってくれた百貨店や今も細々と続く長寿番組のおでかけと違って、この番組はHKTの全盛期だった2014年の上半期から始まって、そして劇場がなくなる今年の春に時を同じくして潔く終わった。
だから画面から伝わってくる力が違う。漲るものがある。

二人がかわい過ぎるというのも、単に彼女達の容姿の問題だけではないということだ。
こうして今見ても、やっぱりあの頃のHKTは凄かった、奇跡のようなものだったなあ…とこんなことを思わせるのだから、懐古活にはぴったりのコンテンツだと言えようw
まあ私は、去年の頭には既に懐古厨を自認していた人間だからね…





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR