■ちー活の思い出「哀」

chihiro160830a.jpg
かなちーちゃん…


ちーちゃんを推してきて哀しい思いをする。「怒」に続いて、そんなことがあるのだろうか?というところですが、それがあるんですよ。
そう、穴井プロに塩対応を喰らった時です笑笑
塩対応は言い過ぎですが、決して神対応、釣り対応ではなかったちーちゃん。言うなれば、自然体、淡々としている、くどくないから心地好い、こんなところでしょうか。

9b6f38a1.jpg
でも、一度だけ心が折れそうになったことがあります。
幕張メッセでのアリーナツアー初日のことでした。スタンド席でしたが、メンバーがゴンドラ巡回してくる通路から二列目という絶好の位置。そしてちーちゃんが来てああああ!

この通路から二列目というのは、本当にメンバーまで手が届きそうなくらいの至近距離でした。そしてそれだけでなく、ちーちゃんと目線の高さが完全に一致!
一列目でも三列目でもなく俺とちーちゃんが絡むための二列目ktkr

fe9a7fd5160903.jpg
ところが…
ところが…
目の前で同じ目線の高さで推しタオルを爆掲出、さらに全力でちーちゃんちーちゃん叫んでるのに、それなのに完全にスルーされた( ;∀;)
目も合わないとかおかしくない?( ;∀;)

しかもこの直前、連番のやんさんが同じように推しタオル掲出でめるから指差し神レスをもらっていただけに、余計に辛かった( ;∀;)

b7c0f435160903.jpg
これについてはちーちゃんがもも女で「こういう場面で近いと恥ずかしくて目が合わせられない」と語っていたのだが、「俺に対する言い訳をラジオで公開爆私信とか、千尋かわいいな」などと言っている余裕はこの時はなかったです(謎笑)

握手の時もちーちゃんは、真っ直ぐ手を伸ばしてしっかり握ってくれるというのではなく、へにょんと手を差し出す、という感じでしたね(^_^;
正直なところ、推しメンが神対応の人を羨ましく思った時期もありました。
しかし、そんな修行時代(?)を経て、私の考えは変わっていきました。



もっとファンに我儘を言ってもいいんだよ、自分達を頼って欲しい、思っていることをそのまま言葉で伝えて欲しい…
こんな言葉を受けてアイドルが発信する。私に投票して下さい、皆さんの負担になるのは分かります、それでもお願いします!
その結果投票の順位が上がり、仕事を獲得する。もう何度も見てきたことですが、私はこんなやり取りに違和感を覚えます。これこそがおいしい上客の典型、思うつぼだというのもその理由の一つにありますが、今更それを言い出すときりが無いので、ひとまずここではどうでもいいです。
違和感の正体は、どうしてそうやって推しメンを型にはめようとするのかという疑問なのです。

以前にも一度同じ事を書いたような気もするのですが、これがグループの中で上へ行くためにもっとも合理的で最短の道だからでしょう。でも、どうしてこぞってそのレールの上に乗せようとする、自分の理想を押し付けようとするのか。
もちろん、当のメンバー本人が目下の目標をとにかくグループ内で上へ行く事と定め、そこへ向かって一意に邁進したいと思っているならそれこそが正義だし、それを前提にそういう子を応援するのは、当たり前ですが何も悪いことなどありません。

ff0a6d61160903.jpg
でも、皆が皆同じではつまらない。特に、もともと大人しくて自分から発信しないような性格の子を諭して型にはめようとするのは本当の応援ではないように思えます。
そういう性格ならばそれがその子の自然体なのであって、色々なやり方のメンバーがいるからこそ大人数グループの面白さがあるわけです。そして、どういう子でも必ず輝ける場所があるのが48グループの懐の深さではなかったのか。

メンバーの個性や人柄、素の行いを尊重し、その上でその子がグループの中で存在感を発揮するのを共に喜ぶのが応援だと私は思います。

14338422327170903.jpg
自分からぐいぐい前へ出ない、ガツガツしない、それでも結果が付いてくる、人気が徐々に上がっていく…皆が皆こうなら最高ですが、実際にはそんな事は無理ですよね。綺麗事を言っている間に干されたまま終わってしまうかも知れません。
でも私はそういう人に惹かれるし、型にはめて無理矢理押し上げても何の喜びも達成感も感じないでしょう。だから、それを実現したちーちゃんを尊敬するし、日を重ねる毎により強く惹かれるようになっていったのです。

だから私は、対応が良いとか悪いとか、順位がどうだとか、そんなちっぽけな事はやがてどうでもよくなって、ちーちゃんの素の人柄に触れることに何より喜びを見出すようになったのです。



話が大分逸れてきたので「哀」に戻しましょう。
穴井プロの塩対応自然体対応の他にヲタ活における哀しかったことを挙げるならば、何といっても2013年11月からの悪夢の干され期間です。

87.png
公演に投げても投げても全く当たらず、何と七ヶ月間も落選し続けたのです( ;∀;)
野球のない時季だからヲタ活を厚くしたいのに逆とか( ;∀;)
今振り返っても、よくこの期間に心が折れなかったものだと思います。
もはや今となっては哀しいというよりも、あれは一体何だったんや…と不思議に思いますね。

その結果、まだ選抜メンが沢山出ていた頃のパジャドラ公演を一度も観られなかったのは残念でした。

86.png
何の変哲もない平日にこんな面子でひまわり組公演が行われたこともあったんですよ。今では考えられないことです。

dac77580160903.jpg
でもこれに関しては、2015年にたった二回しかなかったちーちゃん出演のパジャドラ公演に二回とも入ることが出来て、取り返しました。あの時は、借りを返してやったぜ、という心境でしたね(笑)

あとはやはり、ちーちゃんの出るただいま恋愛中公演を観られなかったことですね…

1152160304.png
そして、たった一回しかやらなかったちーはるの「春が来るまで」。
私の知る限りでは、HKT48の長い歴史の中で劇場公演でちーはる二人のユニットが実現したのはこの一回きりではないでしょうか。
そういう意味では、ちーふぁむの中でこのただ恋初日公演に入った人は羨まし過ぎます。神です(笑)

だから私としては、卒コンでちーはるユニットが見られたことが何より嬉しかったし、あのユニットを実現させてくれたことに感謝しかありません。
まあただ恋公演に関しては、そもそもちーちゃんが三回しか出なかったのだから仕方ないといえば仕方ないのですが(しかもその三回が初日公演および卒業公演の直前とかw)、推しメンが一番好きな演目に出る姿を観られなかったのはやっぱりヲタクとしては無念ですね。
いや、それでもちーちゃん不在ながらも遠征二回という謎展開でHKTのただ恋を二回観られたのが幸運だったと捉えるべきなのでしょう…





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR