■2014年7月13日、HKT48アリーナツアー千秋楽於海の中道海浜公園

(※長文注意)

当日の顛末についてはこちらの記事を参照して下さい。
  海の中道コン参戦記
  海の中道コンこぼれ話
ここではコンサートの中身についての感想だけ書いていきます。





DSC03848.jpg
≪2014年7月13日、HKT48アリーナツアー~可愛い子にはもっと旅をさせよ~千秋楽於海の中道海浜公園 セットリスト≫
影アナ:指原莉乃

M00 overture
M01 青春ガールズ
M02 HKT48
M03 会いたかった
M04 ビーチサンダル(チームH)
M05 ご機嫌ななめなマーメイド(チームKIV)
M06 君と虹と太陽と
M07 桜、みんなで食べた
MC
M08 西瓜BABY(田島・朝長)
M09 涙の湘南(本村・兒玉・坂口・山本・駒田)
M10 ずっと 前から(木本・宮脇・多田)
M11 リターンマッチ(森保×穴井・松岡×神志那)
M12 向日葵(岡本・坂口・田島・駒田・植木)
M13 シェキナベイベー(内田裕也 feat. 指原莉乃)
M14 生意気リップス(田中美・矢吹)
M15 初恋バタフライ(秋吉・穴井・兒玉・指原・田島・松岡・多田・木本・朝長・渕上・宮脇・村重・本村・森保)
M16 お願いヴァレンティヌ
M17 スキ!スキ!スキップ!
MC
<夏メドレー>
 M18 ポニーテールとシュシュ
 M19 未来の果実
 M20 パレオはエメラルド
 M21 ナギイチ
 M22 ごめんね、SUMMER
 M23 Everyday、カチューシャ
MC
<寸劇「白雪姫」>
 劇中曲:森へ行こう・毒リンゴを食べさせて・Show fight!・恋するフォーチュンクッキー
MC
<48Gメドレー>
 M24 UZA
 M25 GAGAGA
 M26 美しい稲妻
 M27 カモネギックス
 M28 大声ダイヤモンド
 M29 賛成カワイイ!
 M30 ガールズルール
 M31 チューしようぜ!
 M32 絶滅黒髪少女
 M33 純情U-19
 M34 片想いFinally
 M35 RIVER
M36 覚えてください(宇井・上野・田中美・矢吹・伊藤・岩花・草場・深川・荒巻・栗原・坂本・筒井・外薗・山内・山下)
M37 波音のオルゴール(指原・兒玉・宮脇・田島・朝長)
M38 僕の打ち上げ花火
MC
M39 恋のお縄
M40 てっぺんとっちゃーけん!
M41 BINGO!
M42 ウインクは3回
M43 君のことが好きやけん
M44 メロンジュース
M45 明日は明日の君が生まれる

EN1 スキ!スキ!スキップ!
EN2 ロックだよ、人生は・・・
EN3 桜、みんなで食べた

影アナ:無し





o0600045013001989728.jpg
総じて言えばとても良いコンサートだった。野外ライブなんてどうせ豆粒だし音も悪いし、雰囲気を楽しんで騒ぎに行くだけのもんだろ、とかなり低いハードルで臨んだからよりそう思えたのかも知れないが、雨が降らないという奇跡が起きたし会場に入ってみたらまさかの大型ビジョンが三面も設置されていたし、音響も悪くなかった。
さらには夏の野外ということで二時間か、やっても二時間半だろうと思っていたところ、たっぷりお腹一杯の三時間半!最後の方はメンバーの身体が心配になる程だった。



●ビーチサンダル
この日は干され席のCブロックで、しかも野外の地べたという会場の構造上これまでのようにゴンドラでメンバーが客席を巡回するような演出も出来ず、後方席はただただ干され席でしかなかった。
しかし捨てる神あれば拾う神あり。そんな席の私にも一度だけ歓喜の瞬間があった。

この「ビーチサンダル」の時か、二曲後の「君と虹と太陽と」だったか記憶が曖昧なのだが、とにかく私の正面にあるサブステージにメンバーが。
そしてちーちゃん0ズレきたああああああああ

うおおおお!と高まりまくっている私にさらなる凄い攻撃が!
はるっぴがちーちゃんの隣に移動してきて、後ろからちーちゃんに抱きつくような感じで一緒に歌い始めたのだ。
ちーはる0ズレきてあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!
なんなんこの幸せな時間は?w
まだコンサートの序盤も序盤だったがお腹一杯。ここで帰ってもいいやくらいの状態www



●桜、みんなで食べた
o0600045013002028412.jpg
さく食べきたああああああああ!
オリジナル曲成分を補充する、というのが今回の最大の目的だったので問答無用に高まりまくる。

そしてさく食べといえばBメロのちひろコール6連発ね。もちろん微塵の迷いもなく完遂。
実は途中の三発目くらいから後ろからまどかコールで張り合ってきた人がいたのだが、もう遅いねww
こういうのは事前の予習と気合がなければいかんよ。でもコール合戦は楽しいから次の機会でも周囲を扇動していこう(笑)
ちーちゃんやまどか以外にもこの曲のBメロはマイク持つ人数が多いのでカオスな張り合い大歓迎ですわww



●西瓜BABY
o0600045013002036715.jpg
ノイエの曲きてあああ
個人的にはさくはるでやってくれたら絶叫ものだったのだがw



●リターンマッチ
o0600045013002071854.jpg
o0600045013002075665.jpg
ちーちゃんのユニット曲がこれかよ…
う~ん、まあ0ズレでお腹一杯になったからいいか…



●向日葵
名曲きたあああ!
この曲大好きなんですよ。ちょっと独特な感じがして、凄く存在感がある。でまあ、またぞろ曲の魅力について語り出すと長くなってしまうのだが、一つだけ(^^;

楽曲も歌詞も良いのだが、この曲の特に衣装が素晴らしい。衣装が良い曲なんて48Gにごまんとあるが、それらは曲に従ずるものでしかないんだよね。まず楽曲の世界観ありきで、それに合わせて衣装が作られる。ところがこの「向日葵」に限って言えば楽曲と歌詞と衣装の三位一体というか、この衣装があって初めて曲の世界観が完成する感じがする。何度観てもこの印象は変わらない。

o0600045013002083091.jpg
で、この曲を歌ったのが岡本、坂口、田島、駒田、植木の五人。
総選挙結果の反映きたー
りこぴぴーちゃんは初ランクイン。なおなおぽんは惜しくも選外になってしまったものの速報でランクインした。
総選挙というイベントの虚しいところは、結局はその直後の本店シングルとカップリングに結果が反映されるだけで、選抜メンなど余程の上位へ行かない限りその後の環境など何も変わらないところだ。これまではそうだったがこうやって結果を出したメンバーに素早く機会を与えるのはGJだ。
でもさ、それだったらここではめるはいらなくないか?
もともと四人ユニットの曲を五人にしてまで…ねえ?

それはともかくとして、この曲で衝撃の発見をしてしまった。
なおぽんすげえええええええええええええええ
他のメンバーのアイドルスマイルとは一線を画するというか。表情がとても自然なのにあの小さな体の全身から表現する喜びや本人が心から楽しんでいるのが伝わってきて、モニター越しだというのに一瞬で目を奪われてしまった。他のメンバーのパフォーマンスとは根本的に何かが違う。これがミュージカル経験者の表現力というやつか!

五月にパジャドラ公演を観た時は、全体曲ではちーちゃんばかり、ジャンヌではめるかたまにりこぴばかり見ていて、なおぽんのことなんか全然見ていなかった。
俺は何をやっていたんだあああああなんて勿体ないことをおおお!
…しかしまた現場で発見をしてしまった。ヲタ卒はいつなんですかーw



●初恋バタフライ~お願いヴァレンティヌ~スキ!スキ!スキップ!
今回一番求めていた成分きたー
特にオリジナル曲私的ツートップの初バタ~おねバレの流れは反則。
が、ここで一つ問題が発生!

隣のピンチケ二人組が最初からギャーギャーうるさかったのだが、それでも厄介コールをするわけでもないしMC中に大声出すわけでもないし、地蔵より遥かにマシ、と微笑ましく見ていたのだ。
が、しかし。
2.5連を打つんじゃねええええ!
しかも俺の大大大好きなお願いヴァレンティヌで打つとは許し難い!というかHKTのオリジナル曲で2.5連の尺なのはたぶんおねバレと唐揚げしかないのか。それはともかくうるせえええええええええええええええええ!(怒)

2.5連MIX大嫌いなんだよ。というか打つ奴が嫌い。
常々思うのだが、本来MIXを打つのに尺が合わない曲で、それでも歌い出しから逆算して打ち始めるという行為には美学や芸術性を感じるが、曲が始まったからってただそれに合わせて何も考えずに始めるって、本能のままに動くだけの動物と変わらないだろw
そんなもん猿でも出来るんだよ。
こういう行動に出るというのは、頭が悪いですと言っているようなもの。関わりたくない典型の類の人間。耳障りだから出ていけ!



●寸劇「白雪姫」
o0600045013002190547.jpg
この手のやつはgdgdなほど、無駄に長いほど面白いのだが、その集大成とも言える出来ww
しかし、そんな中で一つ衝撃を受ける出来事が起こった。
劇の流れで、秋吉ちゃん演じる「鏡」が銃で撃たれて倒れる、という場面から生歌で「夢の河」を歌ったのだが…

o0600045013002191785.jpg
秋吉ちゃん歌上手すぎわろたwwwww
いや、わろたを通り過ぎて聴き惚れてしまった。なんなんこの歌唱力w
やっぱこいつらタダモンじゃねーな、と感心したのでした。



●メドレー、メドレー…
もともとメドレーが嫌いなところにもってきて、二回もやられるとうんざりする。そもそもメドレーってガサツじゃない?それよりも曲数が少なくても一つ一つをじっくり聴かせてくれた方がいい。サビの部分だけを切り売りして、それを目まぐるしく並べ立てる…こんなものを喜ぶのは贅沢を知らない幼稚な人間だ。
特に先に演出も含めてド派手な夏メドレーをやったんだから、その後にもう一度メドレーなどやられても蛇足感が非常に大きかった。



●波音のオルゴール
o0600045013002387358.jpg
o0600045013002387360.jpg
隠れた名曲の初披露キタ───(゚∀゚)─── !!!
次の全体曲との絡みで浴衣姿というのがアレだったが(この曲はワンピースで歌って欲しかった…)。

それはともかくこれは良かった…
これで歴代のオリジナル曲は全てステージで披露されたことになるのか?ん?「天文部の事情」はどこかでやった事があるのかな?



●僕の打ち上げ花火
o0600045013002394261.jpg
o0600045013002392674.jpg
おかぱん復帰きたああああああああああああああ!
かんなお帰りいいいいいいいぃぃいい!!
(周囲のお帰りの声が小さい!怒)

それにしても浴衣姿のメンバー大集合…これは見ているだけで幸せになれるね。これ見て早く青ガ当たれよと改めて思った。
さあそして、MC挟んでここから先のステージが凄かった。



●恋のお縄~てっぺんとっちゃーけん!~BINGO!~ウインクは3回~君のことが好きやけん~メロンジュース
o0600045013002468056.jpg
o0600045013002506165.jpg
メンバーが半被姿で登場!そして客席も一緒に祭りの掛け声と共に神輿に乗って練り歩き。写真に拾われなかったのだがちーちゃんも神輿選抜に!

で、この最後の全体曲ラッシュの何が凄かったって、曲の並びとか演出とかいちいち乱暴なんだけれど、もうそんな細かい事がどうでもよくなって、圧倒されてしまった。
コンサートの時間が予想以上に長くて、このクソ暑い中メンバーの体力が心配、などと思っていたのだが、むしろ客席のこちらがついていくのが大変なくらい。メンバー達の若さとエネルギーと振り切ったテンションに呑み込まれて、そしてそのことに素直に感動してしまった。

それと共に、私の心境にも変化が。
野外ライブはそれだけで最高とか思い出になるとかよく言うでしょう。私は全然そんなこと思っていなかったのだ。だって万事大味で雑でしょう、野外でやると。
野球みたいにそもそもが野外でやるものならば十分洗練されているけれど、これがコンサートとなるとたとえばステージ演出とか音響の悪さを「野外だから」で逃げているフシがあって、そういうのが個人的には好きじゃなかった。そして何とっても私は無類の暑がりなので、夏の野外というだけで大いなるマイナス要因なのだ。

o0600045013002511902.jpg
だが、今回のこのHKTのステージも後半にいくにつれ、野外ライブっていいものだな、という気持ちになってきた。ステージが進むにつれ徐々に日が暮れていくのも、少しずつ風が涼しくなってゆくのも風情があるし、暗くなるにつれ盛り上がっていく感じもよかった。
この歳になると自分の価値観や感性なんてなかなか変わらないし影響も受けなくなるものだが、そこに一つ風穴を開けてくれるのだから毎度のことながらHKTのステージはやっぱり最高に楽しい。

そんなテンションだったものだからBINGO!でアホみたいに全力振りコピをしたのは言うまでもなく、ウインクのイントロが流れた時なんか一人でキタ─(゚∀゚)─ !!って叫んでましたわww
そして君好きで安定の声枯れwww

o0600045013002513824.jpg
そしてメロンジュースの時の客席のライトの緑化が凄かったぞ。
優子卒コンの草原の奇跡の時を彷彿とさせるものがあった。純度高過ぎww
そしてここにおいてメロンのタオル回しは絶滅wwwそもそもなんでタオル回しだったのか意味が分からなかったのでこれでいいんじゃない。



●明日は明日の君が生まれる
o0600045013002518087.jpg
11日の追加公演が決まって、それが中止になって…今回は11日にやる予定だった曲や演出を幾つかねじ込んできたのだろうな、と思われる詰め込みが散見されたが、ここでもそんな感じで、メッセージの表示と読み上げは三人だけだった。で、支配人と両キャップが。
うん、そういえばキャプテンだったなw



●アンコール
何故かスキップとさく食べが二回目の登場。さく食べを二回やってくれたのは嬉しいけれど、だったら別のオリジナル曲をもう二曲やってくれた方が尚よかった。久し振りに「既読スルー」と「昔の彼氏の…」を観たかったのだが。

o0600045013002523913.jpg
でもまあ、野外で三時間半もやって最高に盛り上がったトリなのでこれはこれでおっけー!(笑)

そんな感じで色々な事があったが、冒頭にも書いたとおり全体を通して言えば素晴らしいコンサートだった!地元の小学生なんかは夏休みを前にして夏の最高の思い出が出来てしまったんじゃないかな。
それはいいとして、俺のヲタ卒は一体いつになるんだー!ww





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR