■(保存版)西鉄ホールの座席を徹底解説

西鉄ホール座席図ブログ用160603b

まず、HKT48公演の時の西鉄ホールの座席配置はこうなっています。これをざっと頭に入れていただけるとこの先が分かり易いかと思います。



①指定席枠の入場方法
旧HKT劇場では指定枠の人が座る席は常時固定されていましたが、西鉄ホールでは指定枠も抽選を経ての入場になりました。
ただし、どこでも好きな場所に座れるわけではありません。
指定枠は、Bステより後ろの後方ブロックの中から、抽選によって決められた列に座ることになります。
指定枠の人は前方ブロックや立見席は選べません。

5人または10人単位で、チケットの下1番の人がそのグループの代表としてクジを引きます。
たとえば県外枠はチケット番号が251番から270番までですが、251番の人と261番の人がクジを引きます。そして251番から260番の10人がクジの結果決められた同じ列の中から好きな席に座るという具合です。
(ちなみに私は270番でしたwww)

クジは抽選箱の中に手を突っ込み、中に入っているピンポン玉を一つ取ります。ピンポン玉には1番から11番の番号が書かれています。
そして座席の割り当てがこれです。どーん


西鉄ホール座席図ブログ用160603a

たとえば251番の人が「4番」と書かれたピンポン玉を引いたとしたら、251番から260番の10人がセンブロBステ最前の神列の中からそれぞれ好きな席に座る、ということです。「7番」だったらセンブロの前から4列目。
261番の人が残念ながら「3番」のピンポン玉を引いてしまったとしたら、261番から270番の10人は下手ブロックの5列目および6列目の中から好きな席を選んで座ることになります。

普通に考えれば4番が最高で、3番と11番が干されということになりますね。
しかし、なにも神席はセンブロだけではありません。

西鉄ホール座席図ブログ用160603c

黒く塗り潰されている席が2つあるのに気付かれたかと思いますが、この席は使われていません。

IMG_5902160607.jpg
理由は、メンバーがBステへ移動したり後方通路に出張したりする際、見張りの係員がしゃがんで待機するための場所になっているからです。
だからその後ろの席は視界が素晴らしく良いです。



②一般席の人が注意すべき事
このような方式で指定枠の人が先に着席します。指定枠が全員着席したところで一般席の人の入場になります。
見事抽選に勝利して1巡で劇場に飛び込めば、前方ブロックの席は全て空いていることになります。その一方で、このようなやり方なのでBステ最前の神列はすでに指定枠の人で占められている可能性も高いです。

私もそうですが、前方ブロック派ではなくBステ前派の人は「なんだよそれ(怒)」と思うのではないでしょうか。
ところが、座席図をもう一度よく見てください。
後方ブロックのセンブロは実は一列に12席あります。これに対して指定枠は10人単位での入場。つまり、少なくとも2席は必ず空いていることになります。

IMG_5964160607.jpg
これはつまり、1巡1番と2番の人はBステ目の前センブロの神席を望めば確実に座れるということです。
そして県外枠などはキャンセルが出ないことはまずあり得ないので、常時4席程度はチャンスがあると見るべきでしょう。
さらには前方ブロック派の人だっているでしょうから、見事1巡で当選したら下8番くらいまではBステ前に座れる可能性があるんじゃないでしょうか。

ちなみに、旧劇場のように色付きのシートが席に掛けられているわけではありません。自分の目で頑張って空席を見つけましょう(笑)
そしてこれはBステ前だけではありません。上手、下手のブロックは14席あるところに最大で10人が座るわけですから、こちらも最低でも4席は必ず空いています。
指定枠の範囲にはあちこちに虫食いのような空席があるということです。また指定枠の人も一般席の入場が終わるまでは席を立ったりトイレに行ったりは出来ませんから、パッと見て人が座っていなければそこは空席です。よく観察してみましょう。



③立見席での注意点
先に運営から「立見席はスピーカー前で音量が大きい」という告知がされましたが、本当にとんでもない爆音です。
西鉄ホールはアイドルの公演をやるにしては天井が高過ぎるのを、音量の大きさで補おうとしているのでしょう。旧HKT劇場と比べても遥かに大きな音です。

私は先日の公演で後方ブロックの前から4列目に座ったのですが、その席ですら曲によっては音がうるさくて耳が疲れた程です。立見席へ行く人はこの点だけはよくよく覚悟して下さい。

西鉄ホール座席図ブログ用160603d

爆音対策に加え、本ステージに近い側だと見る角度が斜めになり過ぎるので、立ち見はステージから遠い方が良いのではないかと思いました。
ただしあくまで個人的な意見ですし、まだ実際に立ち見席で観たわけではないので検証が必要です。



④神席は最前列かBステ前か、そしてメンバーまでの距離感は
西鉄ホールでの公演が始まって以来、ヲタの間でさんざん話題に上がってきたこの問題。私自身も以前の記事でこれについて詳しく触れました。

やはり最大の鍵となるのは後方ブロックからメインステージまでの距離でしょう。いや正確には距離ではなく「距離感」と言うべきか。
つまり、後方ブロックからでもメインステージのメンバーを「近い」「そう遠くない」と感じる人であれば、明らかにBステ前の方が神席です。

西鉄ホール座席図ブログ用160603e

これはそれこそ人それぞれだと思いますが、では私はどう感じたかについて書きます。

座ったのは後方ブロックの前から4列目、センブロの上手側の通路際の席でした。
「Bステ近っ!えっ、こんなに近いの?!」
初めての西鉄ホール、この席に腰掛けてまず感じたことがこれです。4列目ですら「こんなに近くていいのか」と思える程でしたから、Bステ目の前の列の神席っぷりは推して知るべし。

さあそして何より重要なメインステージまでの距離感ですが、「思っていたよりも全然遠くない。悪くない!」これが率直な感想でした。
繰り返しますが、もちろんこれは人によって感じ方は違うと思います。ですが、一つだけ言える事があります。

hkt48theater-fukanzu160504.jpg
以前の記事で「Bステ前からメインステージまでは旧HKT劇場のE列くらいの距離感なのではないか」と書きましたが、この予想はまさに妥当でした。
つまり私が今回座った席からは、メインステージのメンバーまでの距離感が旧劇場のH列と同じくらいだったということです。よろしければ参考にしてみて下さい。
(※ただし後方ブロックは野球場のような大きめの傾斜が付いているので、視点の高さは大分違います)

はっきり言って、DMMの画面で見る感じよりも実際には遥かにメンバーが近いです。
目の錯覚とは恐ろしいもので「カメラ越しの画面と人間の目が感じる遠近感の差異」「座席が密集しておらず、Bステ周辺など空き空間が多い」「天井が高い」この三つの要素によって配信の映像ではステージが遠く感じられるのです。



⑤メンバーが目の前に出張してくる神席
西鉄ホールでは、公演中にメンバーが後方席の通路に出張してくる演出が加えられました。

西鉄ホール座席図ブログ用160606a

このように前から4列目の所、それからもう一箇所は振り返って確認する余裕がなかったのですが、恐らく7列目の所だろうと思われます。

IMG_6488160607.jpg
このような感じなのですが、私はたまたま4列目の通路際に座ったのでメンバーが目の前に来ました。
この時のメンバーの近さは衝撃的です。この写真で見る感じよりもずっと近く、まさに目の前も目の前。余りに近過ぎてどうしたらいいのか分からなくなります。

なにせ見張りの係員よりも自分の方がメンバーに近い位置にいるのです。それこそ取り押さえ→退場→出禁→おまわりさん→人生終了でもいいならば、あんな事やこんな事も簡単に出来てしまう距離ですw
もし自分の推しが出張して来るのならばこの席を狙うのも一興かも知れません。DMMアーカイブで余り抜かれないので分かりづらいですが、この先公演を重ねていけばその日の出演メンバーを見ただけで誰がどこに来るのか特定出来るようになるのかも知れませんね(笑)

ちなみにシアターの女神公演で出張があったのは、
「シアターの女神」
「キャンディー」
「僕たちの紙飛行機」
の三曲でした。キャンディーでは客席の一番後ろからメンバーが登場します。



さてだらだらと書いてきましたが、席の好みは人それぞれです。全体が見渡せないから最前列を好まないという人も結構いますし、推しメン0ズレに全てを懸ける人、ケツ見席こそ至高(笑)という人、いろいろいるでしょう。だから神席糞席も人それぞれですが、ここに書いた事が席選びの一助となれば幸いです。
それでは皆様の良巡当選をお祈りします。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■コメント

■ [3104]

座席解説ありがとうございます(・ω・)
それはそうと、当初はこのステージの使い方を「ツアーでやればいいこと」と否定的だったとけすんさんが絶賛してるのに笑いました←

しかしこの抽選方式というか、指定席の割り振り方は私にとって由々しき問題ですね。。。

この方法で回すとなると所々虫食い的にBステ以降の席はあくものの、左右と前をヲタに囲まれるのを嫌う自分としては指定席で多くの通路脇食われて座るところが大分限られてしまうと思いました( ̄▽ ̄;)

過去10数回入った旧劇場も、圧迫を嫌って席に囲まれたところに行ったのは2、3度くらいなのでいくらメンバーが四方八方に来ると言えど、納得のいく席選びは旧劇場よりも減ってしまいそうな気がします。

ましてやメンバー降臨ともなると通路脇から埋まってくでしょうしねぇ…汗


また、そんなことはさておいたとしても
ぶっちゃけ公演の席選びで一番重視するのは、いかにちーちゃんに近付けるかとちーちゃんの視界に入るかで

これさえ叶えばもう自分の視界なんてどーでも良いのですが、ともなるとやはりどこかしら通路脇が良いという結論になる以上

ヲタに囲まれての見晴らしなんていらない分、余計に悩ましい限りです(^_^;)



あと、思うのはやはりメンステ最前は美味しくないですね。

まあ、推しの生誕とかでスピーチを近くで見たいのであればここら辺もありなのでしょうが、


Bステや袖道、スロープに来たときが遠くなるのが残念というより

これらに出張するときは、ある意味一番レスを振り撒きにいく機会である分、反面メンステはパフォに力を注ぐでしょうから

近くともレス的なものの期待値はないわけではないけれど、Bステ付近より下がるんですよね

ここら辺に関しては私の旧劇場ってか、青ガ公演以降の捉え方ですが

私の中で最前列よりもレス振り撒くために出てくる出べそを取り巻く席の方が価値があるというか

最ベルのちーポジはCかDの4ってことを見出だしてからは、もはや最前列に価値はないとすら思えてきてもいました(苦笑)

こういう考えのもとでしか公演を見れなくなると、もうきっと推しのいる公演は純粋に公演そのものを楽しめなくなってしまったのでしょうが

それはまあ自分が自分のヲタのスタンスをそっちに特化させていったが故の結果なので

自分は逆に当初思ってたよりも楽しめないかな?と思えてきてしまったのですが、まあそれも致し方なしです。

■ [ebiちゃん]

詳細な座席解説ありがとうございます。

今ひとつ理解できなかった指定席枠の日替わりの内容が良く分かりました。
しかし、旧劇場だったら呼ばれた順番で目指すべき席へ直行できましたが、これからは場内へ入った瞬間の判断が、その日の生死を分けるようですね。(笑)
それと、この後の公演記で触れられることと思いますが、このようにメンバーが動き回るとなると、とけすんさんが大事にされている公演の凝縮感は保たれたのでしょうか?
この点については僕も全く同意なので、厳しいご感想をお願いします。

それにしても、もし通路側に座れて推しメンが真横に来た場合、顔を見上げるべきか、目の前の生ftmmをガン見すべきか・・・?
記事にあるように人生終了になるヲタが出ないことを祈るばかりです。(爆)



■Re: タイトルなし [とけすん]

3104さん>

そのツッコミは…(^_^;
予想以上にメンバーが近かったこと、何より劇場が広過ぎず一体感が保たれていたことで大いに印象は覆りました。むしろセリが無いという致命的な弱点を補うための方策としてこうも完成度の高いものを提供してきた事を評価すべきだという考えに変わりましたね。

旧劇場の出べそ前女性席固定ほど酷くはないですが、Bステ前が神席となる演出をしている上でこれでは、依然として指定席優遇なのには変わりませんね。
そしてちーふぁむ的神軸は後方センブロの上手側から二つ目の席(今回座った席の左隣)という結論に達したのですが、周囲がちーふぁむ祭りだという問題も…
パフォ重視の曲ではメインステージから動かないような演出になっていることからしても、推しとの一対一のやり取り、レスを重視するならますます後方席でしょうね。

しかし私が実際に行って印象ががらりと変わったように、3104さんもそうなる可能性があるかもしれませんよ(?)笑

■Re: タイトルなし [とけすん]

ebiちゃんさん>

複雑怪奇な指定枠の入場方法についてまるで情報が出回っていなかったので、折角の機会をもらったのだから俺が書くしかないと思い立った次第です(笑)
各指定枠のキャンセルは恐らく平均で10人中2、3人くらいだと思うので、回数を重ねて慣れていくうちに旧劇場と同じように巡目で大体の空席状況が読めるようになるんじゃないでしょうか。または、指定枠の人が入場する前に並んでいる人数を数えに行くという荒技も(爆)

劇場は思ったよりも広過ぎず凝縮感は保たれており、評価はかなり好転しました。
ftmmとかoppiとか顔とかそういう次元でなく、余りに近過ぎてただ動転するばかりでしたww

■ [ぽん]

キャップの卒業悲しいです。とんすけさん大丈夫ですか?

■かなしい [よしだですけど。]

まだまだ早いよ。もっと観たいよ。土台が抜けたようで家がぐらぐらするよ。辞めないで。

■ [てつR60]

こちらのプログ主様のおかげで遅まきながら穴井さんの素敵さを知ったばかりなのに卒業なんて。
ニワカの私とはくらべものにならない衝撃だとお察しします。
あと僅かの期間かも知れませんが応援し続けましょう。

■Re:(保存版)西鉄ホールの座席を徹底解説 [べん]

心中お察しします。

5月31日の公演を見ていてもしやと思っていました。

私はちーちゃんの卒業も悲しいですが、それ以上にとけす

さんのブログが終わってしまうのではないかという心配の

方があります。

気持ちが落ち着いたら更新してください。

■Re: タイトルなし [とけすん]

ぽんさん>

大丈夫ですよ。ありがとうございます。

■Re: かなしい [とけすん]

よしだですけど。さん>

未来を応援しましょう。

■Re: タイトルなし [とけすん]

てつR60さん>

長い伏線があったのでむしろ衝撃は無かったです。ちーちゃんが全活動を終了するその時まで、お互い全力で応援しましょう。

■Re: Re:(保存版)西鉄ホールの座席を徹底解説 [とけすん]

べんさん>

ありがとうございます。過分なお言葉です。
先日の公演のレポはちゃんと上げますので拙文にお付き合いいただければ幸いです。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR