■2016年5月31日、チームH「シアターの女神」公演(その二)

(※長文注意)
参考記事:レポ記事その一



DSC06837.jpg

≪2016年5月31日、チームH「シアターの女神」公演 出演メンバー≫
秋吉優花・穴井千尋・井上由莉耶・宇井真白・上野遥・岡本尚子・神志那結衣・駒田京伽・坂口理子・田島芽瑠・田中菜津美・田中美久・松岡菜摘・矢吹奈子・山田麻莉奈・若田部遥

≪同セットリスト≫
影アナ:田中美久

0.overture
1.勇気のハンマー
2.隕石の確率
3.愛のストリッパー
4.シアターの女神
MC(自己紹介)
5.初恋よこんにちは(上野、田島、山田)
6.嵐の夜には(穴井、井上、駒田、田中美)
7.キャンディー(宇井、松岡菜、矢吹)
8.ロッカールームボーイ(秋吉、岡本、坂口、田中菜、若田部)
9.夜風の仕業(神志那)
MC(上野、駒田、矢吹、山田)
10.100メートルコンビニ
11.好き好き好き
12.サヨナラのカナシバリ
MC
13.潮風の招待状

アンコール

EN1.オネストマン
EN2.チームH推し
MC
EN3.74億分の1の君へ
EN4.僕たちの紙飛行機



●予想を超えて高まりり
私にとって初めての西鉄ホール公演、初めてのチームHのシア女始まったあああああああ!!
過去に繰り返し述べた通り、チーム間の演目入れ替えはただの手抜きでしかないし、大箱のコンサートのようなステージ構成や演出に対しては軽薄な印象を抱いていた。

1331.png
だが、いざ開演となった時のテンションは自身の予想を大きく超えて高まりりだった。
これには二つの理由がある。
入れ替えだけで終わったのは残念ではあるが、「シアターの女神」は好きな演目だということ(はっきり言って最終ベルが鳴るよりもこっちの方が好きw)。
そして何より、想像していたよりもずっとメンバーが近かったことだ。いや正確には、西鉄ホールの会場が広過ぎない、散漫な感じが無かったと言うべきだろう。劇場公演において大切な凝縮された感じ、緊密な感じが損なわれていなかったのだ。



●ちー単推し
ちーちゃん不在の公演に二度続けて参戦してきた。そしてちーちゃんに会うのはマリンメッセ以来丸二ヶ月ぶり。
最初の三曲はもうずっとひたすらちーちゃんのことだけを見ていた。

1332.png
1333.png
この日の髪型はストレート。この世のものと思えぬくらいかわいい(*´д`*)



●魅せるちーちゃん、心配なちーちゃん
以前に、ガシガシ踊る最ベル公演よりもゆったりとした動きや止まるところが多いシア女公演の方がちーちゃんの魅力が引き立つと書いた。そして実際に観てみてこれが間違いではなかったと確信した。

特に素晴らしかったのは「愛のストリッパー」のサビでの後ろを向いてのセクシーポーズだ。体全体の動き、手先の動きは何とも柔らかくてしなやかなのだが、ピンと真っ直ぐでブレない立ち姿が美しいものだから、後ろ姿なのに存在感が凄い。
この時残念ながら自分から遠い下手の端にちーちゃんがいたのだが、もし前方席に座るようならこれを見るためだけでも下手端に座るのもアリなんじゃないかと思った。

1333-5.png
一方で、この日心配になることもあった。ちーちゃんの動きにキレがなかったのだ。
ポジションが目まぐるしく入れ替わるのが48グループの公演に共通した大きな特徴だが、素早く移動する時に一瞬動き出しが遅れていた。さらに、ちーちゃんが悪くて他のメンバーとぶつかってしまう場面を少なくとも二回目撃した。曲の最後の決めポーズで踏ん張れず、足を踏み直してしまう場面も二回…
体調がいまひとつだったのだろうか(´・ω・`)

そして体調の他にも心配になってしまう事があった。
これは私の勝手な憶測、一方的に悲観した見方かも知れないが、この日の公演を素晴らしいと思った理由の一つに、メンバー達の気合がいつも以上に漲っていたことがあった。それはそうだろう、この日は総選挙の投票開始日、翌日が速報発表だった。だがライトヲタやDDなんていうのは実際には沢山いるもので、この日の公演を観て良かったメンバーに投票しようと思っていた人だって現場に少なからず居た筈だ。
そんな浮動票を残さず全部自分のものにしてやろう。メンバー達のそんな野心、ギラギラしたものを感じた。そしてこのグループの素晴らしいところは、そういった個々のメンバーのギラギラした気持ちがちゃんと公演の質に転化されるところだ。だからこの日の公演は特に良かったのだと思う。
だが、ちーちゃんはそんなテンションの蚊帳の外。もし、そんな他のメンバーとの意識の差がこの日のパフォーマンスに影響していたとしたら…
繰り返すが、私の勝手な憶測、勝手な悲観である。だがそんな事を考えてしまったのが事実だ。



●シアターの女神
1335.png
神曲きたああああ!
エロい衣装もきたー(゚∀゚)
まずはちーたんの右脚の黒子を確認( ̄▽ ̄)

1334.png
…はともかくとして、この日のポジションはずっと注目していた初日と同じなこセンター、みくりん柏木ポジで、これを生で見られたのはよかった。
それから、長いことやり過ぎたせいでシアターの女神=チームKⅣの印象が完全に頭の中で支配的になっていたのだが、この曲をこうして生で観て漸くその幻影を消すことが出来た(笑)



●出張一発目、なつみかん降臨
「シアターの女神」の大サビでメンバーが後方席の通路に出張してきた!
初日公演の配信をざっと観たのだがこの事には気付かなかったので、まさに不意打ち。びっくりしたのだが、それは主に不意を突かれたからではない。

西鉄ホール座席図ブログ用160608a

メンバーの立ち位置が私のすぐ横だったのだ!
近ええええええええええ!!!
余りにも近過ぎてどうしたらいいのかわからん!

1336.png
突然の出来事に戸惑ってしまったが、アーカイブをよく見てみたら、確かに落ちサビ終わりでメンバーが後方通路を駆け上がっていく様子が映っていた。
ちなみにちーちゃんがメインステージへ向かって走って行くのも見えますね( ;∀;)
上手側の通路に来たもう一人は誰だったか…記憶が曖昧なのだが、確かりこぴだったような。

こう言っちゃ悪いが、一発目が私にとっては好きメン要素の殆どないなつみかんでよかったかも(^_^;
いきなりちーちゃんが真横に現れたら卒倒していたかも知れんw
甦る全ツ宮城公演のあの鮮烈な思い出…笑

1343.png
それにしてもなつみかん細っ!
ウエストなんて片手で掴めるんじゃないというくらい細い。どこに内臓が収まってるんだこの子はw
そしてトンデモナイ事件が発生!

背の高いなつみかんが目の前、それを下から見上げる私。そしてなつみかんといえば我らがチームHを代表する貧乳…
衣装の隙間からインナーがほぼ丸見えに( ̄▽ ̄;)
ある程度胸があればこんな風にならない筈なのだが、余りにスカスカで泣けてくる( ;∀;)
逆におっぱいがでか過ぎて衣装が浮いていたゆうたんと同い年とかおおん



●今日も安定の…
自己紹介MCのお題は「感動したこと」。
そしてちーちゃんの話は…

1337.png
勇気のハンマーの小道具で、今日はハンマーが取れたのに感動した、と。
16人の中で一番どーでもいい内容だった( ̄▽ ̄;)
さらに「ハンマーが最後の一個だったんです~、よかった~」と続ける。
すかさず他の一期生から「今日もへらへらしてる」「しっかりして下さい」とツッコミが入る。しかも喋り出しの時にコケそうになるし…この日も安定のポンコツでした。

しかしそんなちーさん、お辞儀の時に二度も谷間が…
全然0ズレじゃないのに見えるとは何のサーヴィスでしょうか( ̄▽ ̄)
今回改めて気付いたのだが、
 ①お辞儀の速度が速い
 ②お辞儀が深い
この二つの条件を満たしている子は谷間がこんにちはしないのですね。
それでも、
 ③とにかくおっぱいがでかい
この条件が加わると見えてしまう子もいるのだが、ちーちゃんの場合は③は満たしていないけれど①と②も満たしていないからこんにちはなのでした( ̄▽ ̄)



●ゆかちゃんのゆかちゃんが秋吉レボリューションしていた件
1338.png
ゆかちゃんのゆかちゃんがまたエボリューションしていた。
おっぱいだけでなくくびれがはっきりしてきて一段と女らしい体つきに…
これはあれか、「女子三日会わざれば刮目して見よ」ってやつか( ̄▽ ̄)

ed8a8273160608yuka.jpg
この頃から見てきた者としてはデュフフご成長に目を細めております。



●Bステの破壊力、そしてはるたん先生漲る
ユニット曲の一曲目は「初恋よこんにちは」なのだが、Bステから始まる。そして…

1339.png
歌い出しで俺のツインテまりりが正面にきてあああああ!!
かわえええええええええええええええ

1340.png
まりりに負けじとはるたんもかわええええええ!
この日16人の中でも一番目が輝いていた。目力が凄かった。

常々思うことだが、アイドルの可愛さって顔立ちだけじゃないよね。活動が充実している子、モチベーションが高い子は表情が魅力的になってとてもかわいくなる。
反対に、意識が高くない子はどんなに美人でも惹かれないのだから人間面白いものだ。

私が思う上野遥の魅力とは、感情豊かなところ、そして素直で裏表がないからそれが何でも表に出るところだ。HKTだと他にはるっぴがそうなのだが、実に人間臭い。
はるたんはちょっとでも悔しいこと、納得出来ないことがあると、それを包み隠さずすぐに言葉にする。嬉しいことがあれば嬉しい、嬉しいと連呼する。16歳の少女らしくて実にかわいらしいではないか。
もちろんこれには良いも悪いもある。だがHKTはこの点で大人しく、慎重で、狡猾な子が多過ぎる。これはネット社会、SNS社会の功罪でもあるし、アイドルとしての職業病でもあろう。でもメンバーは皆生半な批判など受け付けないだけの事をやっているし、ステージで結果も見せているのだから、もっと言いたいことを言ったって構わない筈だ。それによって魅力が開花する子だっていそうなのだが…

1342.png
少々話が逸れたが、この日のはるたんは機嫌が良いな、モチベが高いなとすぐに分かった(笑)
そしてその姿は素晴らしく魅力的だった。
また何より、こうして細かい表情まで見えるBステの近さ、その破壊力である。これぞ劇場公演の醍醐味だ。

最初はBステを使った演出に懐疑的だった私だが、実際に劇場に入って評価は好転に傾き、そしてこの初恋よこんにちはで完全にやられてしまった(^_^;



それにしても…
それにしても…

1341.png
俺のまりりがばりかわい過ぎるううううううぅぅ!
ああああまりりまりりまりりまりりまりりまりりまりりまりり







おこちー画像小160206
∑(゚Д゚) ハッ!

いや、ユニット曲は監視されとらんけん、問題ないっちゃんね( ̄▽ ̄)
…などとゲスな事を考えていたら、公演の最後にとんでもない展開に!

(つづく)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像




■コメント

■ [べん]

とけすんさんチョット質問なんですが
私はまだ劇場行き出してから一年以内
の素人なんで0ポジというのをあまりよく理解していません。

奈子ちゃんの0ポジというのは何処になるんでしょうか?

もし一巡目を引いた時の為に教えてください。まあ無いとは思いますが 笑

■Re:2016年5月31日、チームH「シアターの女神」公演(その二) [ちーはる推しのトラキチ]

「おでかけ!」のゆかちゃん、懐かしいですね。私はあの回の放送を偶然目にして、「この子面白いな」と思ったところからHKTファンになったので大変印象に残っている思い出の一コマです。(笑)


以前のコメントでも触れましたが、仰るようにHKTは総じておとなしい子が多いですね。ネット社会の酸いも甘いも噛み分けた強者・さっしーが近くにいますし、「ツイッター禁止令」「水着オフショット掲載禁止令」等のリスク管理をしているせいか、SNS関連のトラブルがあまり無いのは喜ばしいのですが・・・はるたんやはるっぴ、みくりんのように感情をありのままに発信する「アツくギラギラした」メンバーがいるということはグループ全体の活性化に繋がりますから、そうした姿勢を忘れないで欲しいものですね。


近頃はshowroomでメンバーの素を知っては驚く毎日です。野球中継と被るのでそれほどたくさんは見ませんが、公演前の和気藹々とした様子を見てから公演を見ると、一段とその素晴らしさに気付き、「プロだなあ」と驚嘆させられます。

■ [ebiちゃん]

記事と関係ないコメで失礼します。

ちーちゃんの卒業公演、あまりにも早いですね。
とけすんさんの心中いかばかりかと・・・。

劇場もサンパレスも勿論投げられるのでしょうが、出来ることなら僕の垢も使って欲しいくらいです。
最後は当然、ちーふぁむオンリー公演でいいと思いますが、3月の「おかぱん」を上回るような感動のフィナーレを期待しています。   圧倒的16連で送ってあげて下さい!!!

■Re: タイトルなし [とけすん]

べんさん>

恐らく0ポジではなく文中に挙げた「0ズレ」のことを指していらっしゃるのだと思いますが、メンバーが自分の真正面に来ることです。だから相対的な位置関係のことであって、当然その時その時で変化します。「嵐の歌い出しでちーちゃんが0ズレに来た」という具合です。
しかしなこはシア女公演ではセンターですから、ど真ん中の席を狙うのが一番いいんじゃないでしょうか。

■Re: Re:2016年5月31日、チームH「シアターの女神」公演(その二) [とけすん]

ちーはる推しのトラキチさん>

あの頃からの(色々な意味での)成長ぶりを目の当たりにすると(色々な意味で)感慨深いですね…笑
まさに仰るとおりで、感情や闘志をもっと前面に出す子がいてもいいのに寂しいですね。もともとそういったものを内に秘める性格の子はまだしも、そのあたりについてやたら計算高い子はどうかと思います。大人しい子が多いグループならば尚のこと、どんどん発言していくのが希少な個性となって人気に繋がる可能性も十分にあるんですがね…

メンバー同士の仲の良さや喋りが達者なことなど、showroomはHKTメンの得意分野という印象を受けます。

■Re: タイトルなし [とけすん]

ebiちゃんさん>

最後が劇場での卒業公演でないとは、しかもこんなにも日程が早いとは、HKTを五年間支えてきたちーちゃんの最後の花道が専用劇場を失った弊害の最たるものになるとは無念でなりません。
お心遣いに感謝致します。

■Re:2016年5月31日、チームH「シアターの女神」公演(その二) [べん]

そうなんですね。

ありがとうございました。

0ポジですね、勉強になりました^^
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR