■2016年5月31日、チームH「シアターの女神」公演(その三)

(※長文注意)
参考記事:レポ記事その一レポ記事その二

securedownload160602f.jpg

≪2016年5月31日、チームH「シアターの女神」公演 出演メンバー≫
秋吉優花・穴井千尋・井上由莉耶・宇井真白・上野遥・岡本尚子・神志那結衣・駒田京伽・坂口理子・田島芽瑠・田中菜津美・田中美久・松岡菜摘・矢吹奈子・山田麻莉奈・若田部遥

≪同セットリスト≫
影アナ:田中美久

0.overture
1.勇気のハンマー
2.隕石の確率
3.愛のストリッパー
4.シアターの女神
MC(自己紹介)
5.初恋よこんにちは(上野、田島、山田)
6.嵐の夜には(穴井、井上、駒田、田中美)
7.キャンディー(宇井、松岡菜、矢吹)
8.ロッカールームボーイ(秋吉、岡本、坂口、田中菜、若田部)
9.夜風の仕業(神志那)
MC(上野、駒田、矢吹、山田)
10.100メートルコンビニ
11.好き好き好き
12.サヨナラのカナシバリ
MC
13.潮風の招待状

アンコール

EN1.オネストマン
EN2.チームH推し
MC
EN3.74億分の1の君へ
EN4.僕たちの紙飛行機



●嵐の夜には

20160603185824da8160616a.jpg

改めて、この席に座ったのだが、それは予習の結果西鉄ホールでのシア女公演はちーふぁむならば上手一択と思ったからだ。
そして嵐の歌い出しでちーちゃんが結構長い時間ほぼ真正面に!

1354.png
これが曲が始まった瞬間のフォーメーション。ちなみに画面の一番右下に写っているのが私ですw

1355.png
腋を見ていたという事実はたぶんございません(震

しかしほぼ真正面ではあっても0ズレではない><
前述のとおり0ズレとなる私の左隣の席には、私より先に入った人(単番)が確信を持って座っていた。この人もちーふぁむだったのだが、ちーちゃんに限らずこの軸はBステに来たメンバーの0ズレが多いのでそういう観点では通路際よりも神席かも知れない。
しかしこの後、通路際が逆転神席化する事件が…



●出張二発目、なっちゃん降臨
キャンディーではメンバーが客席の後ろから登場して下りてくると聞いていたので、首を捻って待ち構えていた。
周囲も全員後ろを振り向いているのが笑えるww

そして私のいる上手側の通路をなつが、反対の下手通路を奈子真白が下りてきたのだが…

20160603185824da8160616b.jpg

なつが真横で止まったあああああああ!!
キャンディーで後方から下りて来る時もここで止まるとは思っていなかったので、またも嬉しい不意打ち!なつみに続いて今度はなつみが降臨(笑)

1356.png
いや、笑っている場合じゃなかったのだ。
余りにも近過ぎてどーしたらいいのかわからん!
実はなつみかんの時に続いてこちらに背中を見せて反対側を向いている時間が長く、さらには私の席から通路を挟んだところにいた女ヲタがなつ推しだったのか発狂して爆絡みしていたので(笑)なっちゃんがこちらを向くことは殆どなかった。
だが、むしろこれでよかった。これで有り難かった(^_^;

ここまで近過ぎると、こちらを向かれたら本当にどうしていいか分からず固まってしまっただろう。それにしても、なつみかんも細かったけれどなっちゃんもびっくりする程腰が細かったな~



●じーなの仕業
1357.png
この日の夜風担当はじーなだったのだが、素晴らしかった!
とにかくこの曲に合っている。むろんこれは容姿によるところが大きいのだが、容姿だけではない。歌の上手さとか、全体的な雰囲気とか色々なことを含めてこの子しかいないと思わせるような存在感があった。

1358.png
花道とBステを使ってゆっくりと一周する演出もこの曲によく合っているし、セリが無いことの代替でしかないとも思えるこのホールの構造がこの曲では昇華している。
そして夜風はかぶせ無しの完全生歌。歌唱力の高さにも拍手。この日一番感動したのはこのじーなの仕業だったかも知れない。



●またもこの話題、神席は最前かBステ前か
シア女公演の面白さの一つに、ユニット明けMCを誰がやるのか分からないところがあるのだが、ちーちゃんは出てこんやった(´・ω・`)

1359.png
この日の担当はこの四人。まあとりとめのない事を話していたのだが、一つだけ印象に残った話があった。
握手会で「西鉄ホールでどの席に座ったらいいか」と訊かれることが多いというのだ。これに対してなこが「Bステの前」と即答。やはりメンバー的にもそうなのか。というか…
目の前の客に遠慮もなく即答してしまうところがなこらしいww無邪気wwww



●再確認
最ベル公演よりもシア女公演の方がちーちゃんの良さが発揮されるのではないかと思いながら劇場にやって来て、実際に生で観てこの事を確信した。レポのその二でもこう書いたが、後半曲でも改めてこの事を感じた。

1360.png
100メートルコンビニなどのダンスを見ているとよく分かる。止まる瞬間、動き出す瞬間、動から静へ、静から動へ。その時のちーちゃんの動きの柔らかさ、しなやかさ、特に指先の美しさなどたまらない。
ピンと真っ直ぐで緊張感のある立ち姿が綺麗だから、まるで風に舞う柳の葉か蝶々かというその、体の末端へ行くほどしなやかになる動きがより引き立つ。



●再びBステに16人
1361.png
さあこの席に座っている者にとってはお待ちかね、好き好き好きの落ちサビで全メンバーがBステにやって来た。

1362.png
ここでも嵐の歌い出しと同様、ちーちゃんが上手の1ズレの位置に。ここではもう一瞬も目をそらさずに、まばたきもせずにずっとちーちゃんだけを見ていた。余りのかわいさにこの落ちサビの間、魂がどこか宇宙の別の場所にとんでいたかも知れない(//▽//)
まりりはるたんのかわいさに衝撃を受け、ゆかちゃんのゆかちゃんに鼻の下を伸ばし、じーなの美しさに溜め息をつき、てか、アイドルグループなんだから皆かわいいんだよ、かわいいのは当たり前。

でも…
それでもやっぱり…ちーちゃんが一番かわいいよおおおおおおおおおおおぉぉぉ
自分にとっては当たり前のこの事を、改めて確認できる幸せ。
ちーちゃんの姿を間近で見ていられる幸せ。
何という甘美な時間なのでしょう。



●不愉快な8連コール厨
ところがこの世は皮肉なもので、幸せな時間ほどつまらない邪魔が入るものなのですね。
この好き好き好きの落ちサビで、てんでにメンバーのコールをする奴がかなりいた。以前はこんな事は全くなかったのだが、いつからこんな事になったのだ。この日は何だか酷かった。

1367.png
生誕祭や卒業公演など、そういう特別な時にだけコールするからこそメンバーの心に美しく響くわけであって、それなのにこの無法、無秩序は一体何だ。
だからHKTの現場は嫌いなんだよ。何でもただ叫べばいいってものじゃないだろう。
劇場が移転しても客席の民度の低さ、DQNぶりは何も変わっていない。餌が視界に入ったらそこへ向かって真っ直ぐ突進する動物みたいだなこいつら。

(つづく)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR