■2016年7月4日、チームH「シアターの女神」穴井千尋卒業公演(その二)

ちーちゃんの卒業公演であること。
私にとってはその事が全てだった。誤解を恐れずに言えば、この日の公演はチームH公演でもシアターの女神公演でもなかった。

d60a4acd-f994-4502-88ed-c3a19771cce8chihiro160704b.jpg
だがそんな気配、心構えもユニット曲に入ってがらりと変わった。漸くいつもと変わらぬ公演らしくなったとでも言おうか。
そしてちーちゃん以外の子のユニット曲も、気を抜いたり休憩という感じで見ていたわけではない。そんな生半な覚悟でこの日臨んだわけではない。
卒業公演を作ってくれる他の15人のメンバーには敬意を払わなければならないし、また、ちーちゃんが作ってきたチームHが卒業公演のこの日の時点でどこまで成長したのか、それをこの目でしっかり見るのもちーちゃんの卒業を見届けるのと同じくらい大切なことなのだ。

そういう意味では最初の二曲が二期生だけのユニットだったのはより良かった。果たして彼女達はたいへん逞しい姿を見せてくれた。
この事は私の心を打ち、しみじみと嬉しかった。



≪2016年7月4日、チームH「シアターの女神」穴井千尋卒業公演 出演メンバー≫
秋吉優花・穴井千尋・井上由莉耶・宇井真白・上野遥・岡本尚子・神志那結衣・兒玉遥・駒田京伽・坂口理子・田島芽瑠・田中菜津美・田中美久・松岡菜摘・山田麻莉奈・若田部遥

≪同セットリスト≫
影アナ:穴井千尋

0.overture
1.勇気のハンマー
2.隕石の確率
3.愛のストリッパー
4.シアターの女神
MC(自己紹介)
5.初恋よこんにちは(上野、駒田、田島)
6.嵐の夜には(宇井、神志那、坂口、山田)
7.キャンディー(井上、兒玉、松岡菜)
8.ロッカールームボーイ(秋吉、岡本、田中菜、田中美、若田部)
9.夜風の仕業(穴井)
MC(穴井、兒玉、田中菜、松岡菜、若田部)
10.100メートルコンビニ
11.好き好き好き
12.サヨナラのカナシバリ
MC
13.潮風の招待状

アンコール

EN1.オネストマン
EN2.チームH推し
MC(VTR上映)
EN3.僕たちの紙飛行機
穴井千尋卒業挨拶
EN4.支え(出演メンバー+矢吹奈子、山本茉央、今田美奈、植木南央、熊沢世莉奈、下野由貴、深川舞子、宮脇咲良、村重杏奈、本村碧唯、森保まどか)

1397.png
初恋よこんにちははこの三人。抜群の安定感。

嵐は私にとっては前回と全く違う四人で見せてくれたので、これはおいしかった。
まりりのギャップにも萌え萌えだったのだが、やはり目を引いたのはましろ
こんな席に座っていても圧力を感じる程のキレキレのダンスに、表情作り、容姿など、この曲にはまり過ぎている。

1398.png
特にアウトロのソロダンスは素晴らしいの一言。
以前ただ恋公演を観た時のレポに「若ちゃんは全体的に純クレという曲と相性が良い」と書いたが、ましろと嵐の夜にはにもこの事がそのまま当てはまる。なんで初日にキャンディーだったんや…

1400.png
1399.png
さあそして、二期生の頼もしさを感じる決定的な場面をゆりやが見せてくれた。
ご存知キャンディーでは大サビでマイクスタンドの袋からキャンディーを取り出して、メンバーが実際にそれを食べる演出がある。ところがこの日浮き足立っていたはるっぴは、キャンディーを持たないままBステへ向かって移動しようとしてしまったのだ。
ところがそれを見たゆりやがはるっぴの分のキャンディーまで持って追いかけ、渡したのだ。

1401.png
この冷静沈着な行動、そして他のメンバーがキャンディーを取り出すのを忘れたことにすぐに気付く余裕。
それも、先輩二人を従えて公演の要とも言えるユニット三曲目のセンターを務めながらにしてこれなのだ。その姿からは堂々として自信を持ってやっている様が伝わってきた。
前回の公演でも、ここ最近で特に良くなってきたと感じるメンバーの一人として彼女を挙げたが、総選挙での初ランクインを経てさらに自信と存在感が増したようだ。

話が少し逸れるが、それにしてもI4Uは今凄いな!今回ここではましろとゆりやの二人について書いたが、とにかく漲っている。
そして四人とも容姿や人柄、得意分野などがかぶっていなくてそれぞれの個性がちゃんとある。はっきり言ってこの四人だけでユニットを組んでもそこいらの二流アイドルなど簡単に退けられるくらいの力がある。
しかも四人ともアイドルの旬とも言える高二でしょう。きっと今が最高の時だろう。ここで推しておかないと後できっと後悔するぞ…

CeUSBhkUAAITw6Di4u.jpg
I4Uだけでなく、この日の二期生メンバー皆がそうだった。なっちゃんなつみかんも若ちゃんも前半曲からどうにも泣いてしまって、はるっぴは浮き足立っているし、でも同期の卒業だからそれは仕方がない。
けれど、たとえ一期生が総崩れになっても今日の公演は私達がしっかり作る。そんな気配を彼女達から感じた。その姿は逞しく、頼もしく、また謙虚でもあり、そして一期生に対する敬意が感じられた。

分かりますか。卒業公演でそんな後輩達の姿を見られたことが、どれだけ意義があり、どれだけ嬉しいことであったか。
これでこそもう迷うことなくちーちゃんの卒業を祝えるというもの。
そして後輩メンバー達にありがとうという気持ちが自然と湧き起こってきた。この日はあらゆる事に対して感謝の気持ちが溢れてきたと言いました。これもそんなありがとうの一つ。だが、ありがとうはまだまだ続く…

(つづく)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





■コメント

■ [愛読者]

このブログでこんなにもI4Uが評価されてるのが嬉しくてしょうがない自分がいます。
特にゆりやはノッてますよね・・・
クールな印象を持つ彼女ですが内面に熱いハートを秘めてるんだなと特に感じさせられます。
次のシングルにはぜひ選抜にゆりやをおねげえしたいです。

■Re: タイトルなし [とけすん]

愛読者さん>

根っからのドルヲタなので推し以外にも色々と見付けてしまうようです笑
ゆりやは公演で見る度にどんどん存在感が増していて驚かされます。今HKTでもっとも勢いがあるメンバーと言っていいでしょうね。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR