■博多遠征記(一日目)

7月11日に行われたちーちゃんの卒コン、そして翌日のツアー二日目に参戦してきました…
最後の博多遠征記を書かせていただきます。

bc9a5dd2-c4da-4319-b925-0836cd9d50f9chihiro160714.jpg
2016年7月11日。とうとうこの日がやって来てしまった。
しかしそんな感慨を抱いたのは博多行の新幹線が無事に発車してからのことでした。この日も朝起きていの一番にやった事は、列車の運行状況を確認すること。
  山陽新幹線、平常運転。
  東海道新幹線、平常運転。
  首都圏各線も平常運転。
  福岡地方の天気、雨時々曇り。気象に関する注意報、警報なし。
よし。ほっと胸を撫で下ろして、いつも通りの時刻に家を出ました。
自宅の最寄り駅の周辺には色々な飲食店があります。松屋か吉野家で優雅な朝食をいただいてから東京駅へ向かおうと思っていたのですが、念のためもう一度運行状況を見てみました。
「池袋駅にて列車の窓ガラスが破損した影響で、埼京線は運転を見合わせ」
ヒィィィィィィ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルああああ

出発させてもらえないとか。
もちろん豪華朝食など食している場合ではありません。駅のホームに駆け上がると、まさに運転が再開されようとしているところでした。朝っぱらから分刻みで状況が変わっていて、心も身体もついていけません。
そしてそんな私の目の前にいたのは、乗れるか乗れないかという程のぎゅうぎゅう詰めの電車でした。
遠征のリュックを担いでサンダル履き。乗れるわけねーだろ!
これは運転再開後の一番列車だけ異様に混むやつや…一刻も早く東京駅へ向かいたいところ、ここは一本見送る勇気が必要です。てかそもそも物理的に乗れないorz

なんで最後にまたこんな目に遭うのか…(涙)
一旦ホームから下へ降りて、駅構内にある立食い蕎麦屋へ。味などまるで感じられないという焦燥の中で蕎麦とかき揚げを腹の中にぶち込んで、再びホームへ上がるとちょうど通勤快速が滑り込んできました。
そしてその車内は…いつもと比べてもガラガラに空いている!
勝った(`・ω・´)
流れを取り戻したっちゃん。ようしちーちゃん待ってろよおおおお!
その電車も所々徐行運転でしたが、ほぼいつもと変わらない時刻に東京駅に着くことが出来たので、結局はこの列車に間に合いました。

DSC06966.jpg
もはや多くを語ることはしません(笑)
ただ、こうしてヲタ活の遠征のためにこの列車に乗るのも最後かと思うと、これもまたとても寂しいことでした。

DSC06967.jpg
そして博多駅に定刻通りに着きました。いや、着いてしまったと言うべきか…
ともかくこれで一安心です。

DSC06968.jpg
博多駅の構内にはこんな物が…
これ、ちーちゃんも写っています。8月31日までらしいけれど、どうするんだろう…

DSC06969.jpg
DSC06970.jpg
博多駅の立派な飾り山です。初めてこの巨大な飾り山を見て感動したのは、奇しくも二年前の7月12日のことでした。海中コンの初日が中止にならなければその前日、まさに7月11日にここへ来ていたことになります。
これも運命の悪戯なんでしょうか。まさかちょうど二年後にこんなにも状況が、そして自身の心境も変わっているとは、想像も出来ませんでした。

あの頃はヲタ活はただ楽しいことしかなくて、HKTの未来には希望しかなかった。
そう思ったら胸が締め付けられ、涙が出そうになりました。

DSC06971.jpg
博多駅前の若ちゃんでかっ!
まあもともとでかいけど

DSC06973.jpg
DSC06974.jpg
ホテルへ向かう途中で運良く遭遇しました!

DSC06975.jpg
至る所に飾り山も出ています。
まさしく博多の町は一年で一番熱く盛り上がっている時でしょう。しかし、そうであればある程自身の浮かない心境が浮き彫りになり、余計に切なくなります。

もちろん高倍率だったこの日のコンサートに入れることは有り難いことであり、感謝しなければいけないことであり、とても喜ばしいことです。そしてそれを観るためにこうしてはるばる福岡までやって来たのです。
でも、それでも、ただ嬉しい、楽しみだとは言えない。開演時刻が少しずつ迫ってくるのが恐ろしくもあるようなそんな心境で、足取りは重かったです。

DSC06976.jpg
櫛田神社の近くのビジネスホテルに入り、荷物を置いて一息入れてから、とうとうここへやって来ました。

DSC06977.jpg
連番でチケットを当てて下さった3104さんと合流して、いよいよちーちゃんの最後のステージとなるその場へ…

全てを見届けての心境については先に少し触れましたが、卒業コンサートそのものも含めて、とても一言で語れるようなものではありません。
可能であれば改めて振り返るかも知れません。
ただ、終演後は心の平衡を保つのが精一杯でした。そして3104さんと複雑過ぎる気持ちを共有出来ていたことは本当に大きくて、救いになりました。二人で午前4時頃まで飲んでいました。一人だったらどうなっていたかと思うとちょっと怖いです。
(誤解なきように補足しておくと、気持ちの全てを共有していたわけではもちろんないです。複雑な気持ちを抱えていることを共有していたと言うべきでしょう。)

3104さん今回も色々とありがとうございました。
外が明るくなり始める頃に漸く就寝して、長い長い一日が終わりました。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





■コメント

■Re:博多遠征記(一日目) [ちーはる推しのトラキチ]

とけすん様、こんにちは。

長い間推してきたメンバーのラストステージを見届けた後には、やはり一言では言い表せない複雑な感情が去来するのでしょうね。現場にいなかったので、とても心中お察ししますとは言えませんが・・・

私もちーちゃんと最後に会う日を明後日に控え、早く会いたいような、まだその日が来て欲しくないような、複雑な気持ちです。当日、最後の10秒間の会話を終えた後でどのような気持ちになるのかは想像が付かなくて少し怖いです(笑)


話変わって、福岡では今朝「追い山」が行われて山笠がクライマックスを迎えました。今晩はヤフオクドームでオールスターがありますから、今日の福岡は大変な熱気でしょうね。(笑)

阪神の選手はあまり出ませんが、ロッテの選手はたくさん選出されたようなので、とけすんさんも楽しみにしておられるのでしょうか?私は凱旋登板となる和田に期待したいです。

■Re: Re:博多遠征記(一日目) [とけすん]

ちーはる推しのトラキチさん>

早く会いたいような、まだその日が来て欲しくないような、終った後にどういう気持ちになるのか想像がつかないなど、痛いほどよく分かります。どれもつい最近思ってきたことでした。
ともかく最後の握手が素晴らしい時間となりますよう、悔いのないように終えられますよう、祈っています。

球宴は真剣勝負でないから興味ないんですよ、申し訳ありません(笑)

■ [せんだい人]

時事通信ニュース見ましたが…
確かに2日で温度が違いすぎますね。
干さずに行ったのは凄いです…ていうか、チケット取りましたねえ…
とけすんさんも困惑されたのではないでしょうか。
でもちーちゃん、見ていたんですね。さらに言えば、月末までの気持ちの持ちようがわけわからんくなる気も致します(^_^*)

ということで当日の模様はダイジェストで見ましたが、そんな細切れ映像でさえ感動が伝わってきました。
DVDになれば良いのですが…

兎にも角にも、お疲れ様でした。

■Re: タイトルなし [とけすん]

せんだい人さん>

温度が違うというよりは、全く別のことをやったという感じでした。
そして自分の中では予め完全に別物として切り離して観ていたので、困惑ということはなかったのですが、二日目の方がむしろ色々なことを考えさせられてしまう結果となりました。

月末までの気持ちの持ちようが混乱するというのはまさにご指摘のとおりです。あと半月しかありませんが、今願うことは最後を良い形で見送りたいという一点ですね…
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR