■ちーちゃんの覚悟と決意

ちーちゃんが完全に卒業するまでいよいよあと十日となってしまった。僅か十日しかないのだが、30日の握手会を残して事実上アイドル活動を終了しているとも言えるので、何とも宙ぶらりんで、あと十日もあるとも感じられる不思議な感覚である。

先日、選抜メンバーが立て続けに大型番組に生出演し、これぞアイドルという姿を見せ付けてくれたが、そこにちーちゃんがいないという感覚が未だに自分の中に入って来ない。11日のステージを最後に事実上の活動を終えたとはいえ、モバメなどはまだ毎日届いているわけで、専用劇場を失わなければ、こんな日程にならなければ、とつい死んだ子の年を数えてしまう。
もし卒業公演が7月29日だったら先のテレビ番組には選抜の一人として出演していたのだろうか、などと考えてしまうが、それが未だにちーちゃんの抜けたHKTが自分の中に入って来ない原因だろう。

chihiro160721.jpg
そんな中途半端な終わり方になってしまったとはいえ、モバメを一日に何通も送り続けてくれるのは本当に偉いし、最後まで手を抜かずに勤め上げるその姿は人として立派である。
ちーちゃんのモバメをとっている者から言わせてもらえれば、穴井千尋はまだ紛れもなく現役のアイドルであり、これはメンバーの言にもあったのだが、11日のステージをもって卒業したというような物言いが散見するのに違和感を感じるし、残念に思う。

そんなモバメだが、今日の一通目にとても嬉しい内容のメールが届いた。
もちろん詳しく引用することは出来ないが、大まかな内容は、「HKTにいる時は常に周りに人がいたから甘えてしまうことも多かったけれど、今は色々と一人でやるようになって意識が変わってきた」というものだった。

これを読んで、私は涙が出そうになる程嬉しかった。HKTからの卒業も、留学も、その先の夢へ向かっての事も、安易な決意ではなくしっかりとした覚悟を持って決めたことだというのが伝わってきたし、そうとなればこちらも迷わず力強くちーちゃんの将来の夢を応援しなければいけない。そう思って気持ちが引き締まった。
しかし今の私はといえば、潔く、迷いのない心境でいるとはとても言えない。これではちーちゃんに申し訳ないし、最後の握手会で顔を合わせる資格などない。
これを何とかするために一つの方策を用意しています。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像





■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

ようこそ

プロフィール

とけすん

Author:とけすん
埼玉県在住、四十代独身男です。ヲタ歴は五年半(ヘビロテ新規)。推しメンは穴井千尋。アイドル以外の趣味は野球観戦、旅行、居酒屋巡り。
HKT推しとしては典型的な百貨店新規で、初めて劇場に入ったのは博多レジェンド公演。2013年12月、元推しの横山由依生誕祭を機に推し卒を決意し、以後AKBからも離れて博多単推しに。遠征大好き現場ヲタです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

検索フォーム

QRコード

QR